電話番号を変更すると困ることとは?対策や大手3社の変更方法を解説!

これなに情報

最近、迷惑電話が多くて困っちゃう……

何度も間違い電話が来て迷惑だから電話番号変えようかな?

携帯の迷惑電話や間違い電話が多いなど困ることがあると、電話番号を新しく変更したくなりますよね。

しかし、何も知らずに携帯の電話番号を変更するとメールアドレスも一緒に消えてしまったり、サイトにログインできなくなってしまったりと困ることがたくさんあります。

安易に電話番号を変更してしまうと、取り返しのつかないことが起こってしまうかもしれません。

そんな困ることが起こらないように、電話番号を変更するときに注意したいことや、実際に電話番号を変更する方法をご紹介していきます。

この記事を参考にして、電話番号の変更は注意深く行いましょう♪

電話番号を変更すると困ることとは?対策も解説!

電話番号を変更して困ることは、SNSやメールアドレスが消えたりサイトにログインできなくなったりなど5つのことが考えられます。

電話番号の変更は、簡単そうに見えますが、実際は事前に準備することや、電話番号変更後にやらなくてはならないことがたくさんあります。

電話番号変更後に起こりやすい困ることと対策を一つ一つ一緒に見ていきましょう♪

 

LINEやTwitterなどのSNSが消えてしまう

電話番号を変更すると、なんと今までのLINEのアカウント、トーク履歴などすべて使えなくなってしまいます。

LINEの引き継ぎは本当に厄介で、私も機種変更のたびにトーク履歴が消えています……。

ですから困ることが起こらないようにするために事前に準備が必須です!LINEの引き継ぎを例に見ていきましょう♪

〈LINE〉

LINEの引き継ぎには特に注意が必要です。注意深く行わないと、アカウントもトーク履歴もすべて消えてしまいます。

そのなかでも、「電話番号のみ変更する場合」と「機種変更も同時に行う場合」とでやることが変わってきます。

*電話番号のみを変更する場合
  1. LINEの「⚙設定」から「アカウント」に進み登録している電話番号を変更する
  2. SMSで暗証番号が届くので、届いた4桁の暗証番号を入力
  3. 電話番号の変更が完了

電話番号のみの変更のときは、上記のように簡単にできますが、機種変更も同時に行う場合はとても複雑な手続きが必要になります。

*電話番号と一緒に端末も変更する場合
  1. LINEアプリのバージョンをアップデートして最新のものにする
  2. アカウント情報(電話番号やメールアドレス)も更新する
  3. バックアップもしっかりと取り、引き継ぎモードをONにする
  4. LINEアプリを開き、変更したあとの電話番号を入力する
  5. SMSで暗証番号が送られてくるのでLINEアプリに入力する
  6. 「アカウントを引き継ぎますか?」という文言が出てくるので、「アカウントを引き継ぐ」をタップ
  7. 最後に、ログイン方法を選択し、パスワードを入力して引き継ぎが完了

ここで注意が必要です。項目6の「アカウントを引き継ぎますか?」のとき、他の名前で「おかえりなさい!」と表示されることがあります。

それは変更した電話番号が、以前のその電話番号の持ち主のLINEアカウントと紐付いている場合です。

このときは、必ず「あなたのアカウントですか?」という文言に対して「いいえ、違います」をタップしてください。

そうしないと、あなたのアカウントではなくて別の人のアカウントが引き継がれてしまうので気をつけてくださいね!

〈Twitterや他のSNSの場合〉

これらのSNSはログインIDとパスワードをしっかりと記憶していれば概ね大丈夫です!

ですが、こちらも携帯電話の番号で認証設定をされている方は引き継ぐことができなくなってしまいます。

そんなあなたは、GメールなどのEメールアドレス以外で引き継ぎ可能な他のアプリ(Facebook等)での引き継ぎが行えるようにしておきましょう。

私も引き継ぎが必要なものはgmailで設定してあります。そうすると携帯の機種変更のときもとっても便利なのです。

これらの情報を踏まえたうえで、事前に準備をしてSNSの引き継ぎを行いましょう♪

 

電話番号と一緒にメールアドレスも消えてしまう

なんと、電話番号を変更すると今までのメールアドレスも使えなくなってしまうんです!

どうしてそんなことが起こってしまうんでしょうか?

なぜなら、電話番号を変更するということは、SIMカードを変更するということになります。

SIMカードとは電話番号やメールアドレス等、携帯の利用者情報が記録されているものです。

ですから、SIMカードが変わってしまいメールアドレスも使えなくなってしまうのです……。

そうなると、今までやり取りしていた方に連絡できなくなったり、メルマガを受け取れなくなったりしてしまいます。

そんなことが起こらないようにするためには以下のことに気をつけましょう。

  • 古いメールアドレスが使えるうちに、やり取りしていた方に変更したことを伝える
  • メルマガ等に新しいメールアドレスで登録し直す

この2つのことを事前に済ませておきます。そうすると、スムーズに引き継ぎが行えるので必ず行ってください!

 

電話番号だけでなく受け取ったメールも消えてしまう

なんと、電話番号やメールアドレスの変更で、今まで受け取って保存されていたメールまでも削除されてしまうことがあります。

特にドコモの携帯を利用している場合はドコモメールは電話番号に紐付いたドコモクラウドに保存されています。

そうなると、電話番号が変更されるとともにメールが全て消えてしまうのです。

ですから、消えたら困る重要なメールは、事前にパソコンやSDカードにバックアップをとっておきましょう!そうすれば、あとから焦らなくて済みますね。

 

サイトやアプリにログインできなくなってしまう

電話番号、メールアドレスが変わると登録していたサイトやアプリが自動解約されてしまうことがあるんです!

ですから、そうならないためには電話番号とメールアドレスを変更する前に、対策が必要です。

まず、登録しているサービスの注意書きをよく読むとスムーズに設定できますよ。

そして、古い番号やアドレスが使えるうちに、新しい電話番号とメールアドレスに変更します。

ちなみに、登録時にwebのyahooメールやGmailにしておいたほうが機種変更や携帯会社を変える際も引き継ぎがスムーズで便利です♪

詳しくは登録しているサービスの注意書きの指示に従いましょう。

あとになって気がついたらサービスを解約していたということにならないようにしましょうね!

 

電話番号を変更すると電話帳も消えてしまう

電話番号を変更すると、電話帳も消えてしまうことがあります……。特にiPhoneやドコモのあなたは注意が必要です。

iPhoneで電話帳アプリを使っているあなたは電話番号が変わることで、電話番号アプリにログインできなくなって消えてしまいます。

また、ドコモの携帯を使っている場合も、ドコモクラウドに保存されている情報は全て消えてしまうため、クラウドに保存されている電話帳もすべて消えてしまいます。

そうならないためには、SDカードにバックアップをとったり、携帯端末にバックアップをとっておきましょう。

 

 

電話番号の変更はめんどくさい?大手3社別に解説!

電話番号を変更する際の注意点はわかりましたね!

では、実際に電話番号を変更するにはどうしたらいいのでしょうか?

大雑把に言えば、お金と必要書類と携帯本体を持って、携帯会社に持っていけば簡単に変更ができます。

携帯のショップに行ったり、いろいろ準備するものがあったり、なんだかめんどくさいと思われがちですよね。

しかし、めんどくさいと思われがちですがちゃんと知っていれば意外と簡単にできてしまうんです。

手数料ってどのくらいかかるの?何を準備すればいいの?

そんな疑問を感じる方が多いと思います。ですから、手数料や準備するものなど、大手3キャリア別で詳しくご紹介していきますね!

 

ドコモの携帯の電話番号を変更する方法

ドコモで電話番号を変更したい時、オンラインでできないので必ずドコモショップへ行きましょう。

電話番号変更のときに必要なものは、ICカードの入った携帯電話と免許証やパスポートなどの本人確認書類の2点です。

変更する際の手数料は2,200円(税込)で、下4桁の選択オプションをつけると+330円(税込)になります。

お金を持ってドコモショップへ行き、店員さんに電話番号を変更したいことを伝えます。

そうすると、なぜ変更したいのかなどの理由を聞かれたのち、5~10分ぐらいで手続きをしてもらえます。

不用意に電話番号を悪用されないようにするために理由を聞かれます。間違い電話が多いという理由が無難ですよ。

代理で行ってもらう場合は、携帯の契約者の本人確認書類だけでは受け付けてもらえません。

その他に代理人の本人確認書類とドコモのホームページからダウンロードした委任状も必要になります。この2点を必ず忘れないようにしましょう!

 

auの電話番号を変更するための方法

auでもオンラインでは電話番号の変更はできないので、必ずauショップへ行きましょう!

電話番号変更のときに必要なものは、印鑑、運転免許証などの本人確認書類、ICカード入りの携帯電話の3点です。

変更する際の手数料はドコモと同じで2,200円(税込)になります。

auでは代理人による電話番号の変更は受け付けてもらえないので、必ず本人がauショップに行くようにしましょう!

 

ソフトバンクの携帯の電話番号を変更する方法

ソフトバンクの電話番号変更も、3社同様オンラインではできません。必ずソフトバンクショップへ行きましょう。

変更する際の手数料は3,300円(税込)になります。3社の中では1番高額になりますね。

電話番号変更のときに必要なものは、上の2社と同じように、ICカード入りの携帯電話と運転免許証などの本人確認書類の2点です。

ソフトバンクではドコモと同じように、代理人による電話番号の変更が可能です!

代理人にお願いする場合は、必ず委任状を忘れないようにしましょう!

こんな感じで、意外と簡単にできることがわかりましたね!

めんどくさいと思わずに、電話番号を変更したいと思ったらショップへ行くのが良さそうです。

 

 

電話番号変更前にやることは?チェックリストを確認!

電話番号を変更する前にやること4つのチェックリストをまとめました!

これらの事前にやることを疎かにすると、あとで後悔することになってしまうかもしれません。

以下のことは古い電話番号が使えなくなる前に必ず済ませておきましょう。

  1. LINE・その他SNSの引き継ぎはできているか
  2. やり取りしていた方に電話番号とメールアドレスが変更したことを伝えたか
  3. 登録しているサイトやアプリ、メルマガ等に新しいメールアドレスや電話番号で登録し直したか
  4. 重要なメール、電話番号はバックアップをとったか

確認してみて大丈夫そうでしたか?これらのやることチェックリストがちゃんと確認できれば、電話番号変更後の引き継ぎもスムーズに行なえます。

是非、電話番号を変更する際に使ってみてくださいね♪

 

 

まとめ

  • 電話番号の変更で困ることは、LINE・その他SNSやメールアドレスが消えること
  • やり取りしていた方に電話番号とメールアドレスが変更したことを伝えること
  • 登録しているサイトやアプリ、メルマガ等に新しいメールアドレスや電話番号で登録し直すこと
  • 重要なメール、電話番号はバックアップをとること
  • 携帯本体と手数料と本人確認書類と印鑑(auのみ)が必要で、オンラインでは手続きはできないので必ずショップに行く
  • au以外は代理人でもショップに行けば手続きができる
  • 電話番号変更前にやること4つをチェックリストで確認しよう

電話番号を変更すると困ること、困らないための対策や具体的な電話番号の変更方法をご紹介していきました。

電話番号の変更自体は、携帯会社に相談をすれば簡単にできます。ですが、変更後に起きてしまったことに関してはすべて自己責任になってしまいます。

しかし、事前に引き継ぎやバックアップを済ませておけば、電話番号を変更するメリットもたくさんあります!

なので事前にやっておくべきことを知って、困ることなく電話番号の変更ができるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました