ジェルネイルの根元が剥がれる原因は下処理にある!対処の仕方も紹介

おしゃれ

ジェルネイルをしたけど、すぐに根元から剥がれるという経験はありませんか?

ジェルネイルが根元から剥がれる原因は、初めの下処理が甘いことが多くの原因です。

ネイルサロンでプロに施術してもらう場合もありますが、私も最近はセルフでジェルネイルをすることが増えました。

セルフジェルネイル人気は高まる一方で、どうしてもネイルの持ちが悪く、すぐに剝がれてしまうことも多々あります。

セルフネイルをするとすぐ剥がれるわ!

下処理が甘かったり間違った方法をしてしまうと、せっかく時間をかけてネイルをしても台無しになりかねないです。

プロと同じようにネイルを保ちたい!と思っていらっしゃるのであれば、ぜひこの記事を読んでみてください。

ネイルが剥がれる原因と根元から剥がれそうなときの応急処置も一緒にご紹介しますね!

ジェルネイルが剥がれるのが根元からの場合

ジェルネイルが剥がれるのが根元からの場合、原因は主に4つあります。

  • サンディンク不足
  • 甘皮の処理が十分でない
  • 油分除去が甘い
  • 皮膚にジェルがついたまま硬化

主に下処理が大半の原因を占めているので、ここを改善するとジェルネイルが根元から剥がれる心配はほとんどなくなります。

ジェルの密着が良くなるサンディングをしっかり行う

サンディングは爪を傷つけることで、傷にジェルが入りこみ、ジェルの密着が良くなります。

爪が傷んでしまうのではないかとの理由で、あまり爪をサンディングせずにジェルをつけてしまいがちです。

このサンディング不足がジェルネイルの浮きを招いてしまいます。

だからといって爪の削りすぎはダメージとなりますよ。

あまり爪を削りたくない」「どの程度削ったらいいのかわからない」場合は、爪全体をサンディングするのではなく、根元、両サイド、先端部分だけをしてください。

爪へのダメージを最小限にすることができ、傷めることが少ないです!

また、サンディング不要のジェルという商品があるので、そちらを使ってみるのもオススメです。

甘皮の処理がとても重要!ルーススキンを制覇しよう

ジェルをつけるときに甘皮のカットを行いますが、ジェルの密着度をあげるためには、甘皮とルーススキンを処理することが重要です。

入念な甘皮の押し上げと丁寧なルーススキンのカットがジェルネイルの持ちをよくしますよ。

爪の根元には、甘皮の下にルーススキンという薄い皮が付いています。

ご自身の爪をよく見てみてください!

甘皮の周りが少し白くなっていませんか?それがルーススキンです。

甘皮と一緒にルーススキンをしっかり押し上げてカットしないと、ジェルがルーススキンにつき、爪が伸びるのと同時にジェルが浮いてきます。

必ずルーススキン、甘皮共にきちんと押し上げて両方カットしてください。

なかなかルーススキンをカットするのは難しいわ…。

その場合は、甘皮と一緒に押し上げた後、濡れたガーゼを反対の手の親指に巻いてください。

そのガーゼで甘皮周りをくるくるとマッサージするようになでるとルーススキンが取れてきます。

頑固なようならお湯につけてふやかしてから行うと簡単に取れますよ。

甘皮の隙間の油分はしっかり除去する

根元から浮く原因として油分除去不足があります。

そんなに油分のついたものは触ってないけどなあ…。

日常に油分がありふれています。ハンドクリームはもちろん、朝のスキンケアで使った化粧品、ヘアワックスやファンデーションなどです。

軽く手を洗った程度では、甘皮周りの隙間に入り込んだ油分はとれません。

ジェルを付ける前には必ず、アルコール消毒液などでよく油分除去をしてください。

油分がついたままジェルをつけてしまうと、あっという間に根元から浮いてきます。

また、水分をしっかり除去するのもジェルネイルが剥がれることを回避するにはおすすめです。

ジェルを塗る前にお風呂に入ったり、水仕事をしたりすると、どんなに一生懸命タオルで拭き取っても多少は水分が残ってしまいます。

ジェルを塗る前は、水に触れるのは避けたほうが無難ですね!

皮膚にジェルがついたまま硬化は避けよう!

ジェルを塗布するときに、皮膚にジェルがついたまま硬化してジェルネイルが浮いてしまいます。

ジェルは皮膚と密着しないので、根元部分の皮膚にジェルがついてしまうと剥がれることになります。

ジェルが爪からはみ出さないように塗布することを意識してみてください!

根元から1-2mm程度あけて塗るのが最も良いです!

ジェルネイルが剥がれるのが爪先からの場合

ジェルネイルが爪先から剥がれる場合は、生活習慣が最も関係しています。

髪の毛を洗うときに爪先を使ったり、パソコンのキーボードを打つ仕事だったりすると、爪先を頻繁に使ってしまい剥がれることが多いように思います。

私も長年、ジェルネイルが爪先から剥がれるのに悩んでいるわ…。

なるべく指の腹を使って髪の毛を洗ったり、シールをはがしたりすることをおすすめします。

髪の毛を洗うときは、専用のヘッドブラシがネットやドラックストアに売っているので試してください!

ネイルも剥がれにくいですし、頭皮もマッサージされて気持ちいいですよ!

また爪先の剥がれで長年悩んでいらっしゃる場合は、スカルプチュアにするのもおすすめです。

スカルプチュアとは

スカルプチュアとは、付け爪の一種です。
スカルプチュアの最大の特徴は長さと強度が出ることです。
硬めのジェルにアクリルを足し強度を増したものを使って施術するため、爪先も強くなります。

適度に長さを出すこともでき、爪先が固くなるので、パソコンのキーボードを打つのも楽になりますよ!

きれいな爪でパソコン作業をすると、テンション上がりますよね。

爪先から剥がれるのは爪自体にも問題がある!

ジェルネイルは爪先から剥がれる場合「爪が傷んでいる」「爪がもともと薄い」という爪自体に原因があることもあります。

爪の生え際である根元の部分は、爪が最も健康な状態です。

しかし爪が先端に近づくほど、乾燥したりひび割れたりしてきますよね。

この状態を何とか改善してあげると、ジェルネイルの持ちは良くなります。

お肌のスキンケアと一緒で、爪も日ごろのケアが大切なのね♪

<爪が傷んでいる場合>

爪がもともと傷みやすく、乾燥しやすい人は多くいらっしゃいます。

そのような場合は、ネイルオイルをこまめに塗ってみてください!

ジェルネイルをした上からでももちろん良いですよ!

爪の土台をしっかりと作りたい場合は、ネイルを少しお休みされてネイルオイルでケアをすると、丈夫な爪の土台ができます。

ネイルオイルはアロマが入ったものも多くて癒されるわ!

<爪がもともと薄い場合>

ジェルネイルは程よい厚みが重要で、ジェルを薄塗りにすると強度が足りず、剥がれることが多いです。

爪がもともと薄い場合は、ジェルを塗る時の厚みにこだわってみましょう。

しかし厚塗りにすると基本的に剥がれにくくはなるのですが、ムラや凹凸ができやすいです。

ジェルの厚みは薄すぎず、厚すぎず、1ミリ前後になるよう調節してみてくださいね!

ネイルベースジェルの変更も解決策の1つ!

ジェルネイルのベースジェルを変えてみるのも、爪先から剥がれる原因を解決してくれる1つです。

たくさんのメーカーで販売されていますが、同じメーカーでも「持ちの良さ」「オフのしやすさ」「柔らかい又は固めの仕上がり」など、様々なタイプがあります。

爪が薄く柔らかい場合は、硬化しても柔らかいベースジェルを使うことで、爪とジェルが一緒にしなります。そうすると衝撃を受けても剥がれにくくなるのです。

また爪が硬い場合は柔らかいベースジェルを使うと、ジェルだけが衝撃を受け、剥がれる原因につながるのです。

3.4回付け替えても剥がれると感じた時に、ベースジェルを変えてみることがおすすめです。

ジェルネイルが剥がれる場合の緊急対処の仕方

ジェルネイルが剥がれる場合の緊急対処の仕方は、オフしないでジェルの浮きを修正すればいいのです。

ジェルネイルを付けたばかりなのに根元が浮いてきた!しかしオフするにはまだ早い、そんな場合ありませんか?

オフのし過ぎは爪を傷めるだけなので、つけたばかりのジェルが剥がれたからといって必ずしもオフする必要はないです

  • トップコートを使う
  • グルーを塗る

この2つの応急処置で、対処すると良いですよ。

すぐに剥がれるときも、応急処置を覚えておくと安心ね!

トップコートを使って素早く対処しよう

出かける前などで時間がない時は、トップコートを根元から塗ってみましょう。

トップコートを根元から塗ることでジェルの浮いている部分に入り込み、浮きが目立たなくなります。

しかしこの対処方法は耐久性がないので、翌日あたりにまた浮いてきてしまいます。

出かける直前の応急処置として活用してみてください!

グルーを塗って安心感のある修正しよう!

トップコートは翌日にはすぐに浮きが目立ってきますが、グルーを塗って修正すると3~4日は浮きが目立ちません。

まずは浮いたジェルは出来るだけきれいに削り取りましょう。

削っても削っても爪とジェルの境目が見えるときは、適度なところで止めていいですよ!

ジェルが浮いている部分にだけ、グルーを隙間に埋め込むように塗ります。

ジェルネイルの浮きはわからなくなりますが、グルーによってはグルーの跡が残る場合があります。

その場合は根元からトップコートを塗ると改善されますよ!

グルーは乾くまでに1分ほど時間がかかりますが、その間に触ると白い跡となってグルーが目立つので絶対に乾くまで触らないようにしましょう。

ジェルネイルが剥がれるのは心配ですが、回数を重ねるごとにどんどん上達して上手になりますよ!

まとめ

  • ジェルネイルが根元から剥がれる原因は、初めの下処理が甘いことが多い
  • ジェルネイルが剥がれるのが根元からの場合、「サンディング不足」「甘皮の処理が十分でない」「油分除去が甘い」「皮膚にジェルがついたまま硬化」の主に4つの原因がある
  • ジェルネイルが爪先から剥がれる場合は、爪先で作業する生活習慣を見直そう
  • 爪先から剥がれる場合はもともとの爪の性質もあるので、ネイルケアで土台を強くするか、自分に合ったベースジェルに変えてみる
  • ジェルネイルの根元が剥がれた場合、オフではなく緊急対処としてトップコートやグルーで浮きを埋めると爪が傷まない

ジェルネイルを付けたことがあるあなたであれば、大なり小なり経験したことがあるネイルの剥がれ。

少しでも長くきれいな状態を保てると嬉しいですよね!

ジェルネイルがすぐに剥がれる原因を知って、どうすれば長持ちするのか、気を付けて欲しいポイントを実践してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました