ミョウバン水の作り方では500mlの水道水が必要!活用法も解説!

これなに情報

ミョウバン水って作り方は簡単みたいだけれど、量は500mlくらいが良いの?

ミョウバン水の作り方は、ミョウバンを500mlの水に溶かすだけです。しかし必ず水道水を使いましょう。

また、使う頻度やペースが分かるまでは、500mlくらいで作られることをおすすめします。

ミョウバン水は、消臭剤や制汗剤として使えるのでとても便利です。

しかもミョウバンはスーパーなどで1袋100円程度で売られているので手に入りやすいのです。

とてもリーズナブルなのに消臭殺菌効果も抜群なので、コスパは最強と言えるでしょう!

この記事を読まないと、消臭剤制汗剤を色々とそろえなければならないままの生活を送ることになるかもしれません。

この記事を読んでミョウバン水の作り方を知り、ニオイに関する色々なお悩みも解決していってくださいね!

ミョウバン水の作り方では500mlの水道水が必要!

ミョウバン水の作り方では、ミネラルウォーターや浄水器のお水ではなく、水道水を利用します。

ミネラルウォーターや浄水器のお水には塩素が入っていないので、腐敗しやすいと言われているからです。

ミョウバン水の原液は、ミョウバンを水道水に溶かすだけで簡単にできますし、常温で3年程度はもちます。

ただ、実際に使うのはその原液を薄めたものなので、使用期限はもっと短くなります。

ミョウバン水を薄めたら冷蔵庫で保管して、1週間以内に使い切ったほうが良いですよ。

ミョウバン水原液の量は、500mlが使いきりやすい量なのでおすすめです。

ミョウバン水の作り方はまず原液を作るところから

ミョウバン水の作り方は、まず原液を作るところから始まります。

そしてその原液を10倍くらいに薄めたものが、ミョウバン水スプレーとして活用できるのです。

用意するものは「500mlのペットボトル」「焼きミョウバン」「水道水」「計量スプーン(15cc)」の4つになります。

<ミョウバン水(原液)の作り方>
  1. 500mlのペットボトルにミョウバンを計量スプーン1杯から1.5杯(15gから20g)入れる
  2. 水道水をペットボトルに入れ、フタをしっかりと閉めよく振る
  3. ミョウバンが完全に溶けて透明になるまで、常温か冷蔵庫で1日から2日ほどおいておく

私が実際に作ったミョウバン水(初日)がこちらです。

そして1日経つとこうなります。今はちょうど夏なので気温が高く1日で溶けましたが、冬場は2日ほどかかるかもしれません。

見た目はスポーツドリンクか普通のお水のように見えます。

そのため、写真のように「ミョウバン水 飲まないこと」などの目印をつけておくことをおすすめします。

小さなお子さんの手には届かない場所に置いておきましょう。

ちなみに、「どうしてもすぐに使いたい!」という場合は、ぬるま湯を使うと溶けやすいですよ。

そして実際に使う時は、ミョウバン水の原液をスプレーボトルに移し替え、ミョウバン水スプレーにして使います。

ミョウバン水スプレーの作り方は、原液を10倍に薄めるだけなので簡単ですよ!

ミョウバン水には消臭効果と殺菌作用がある!

ミョウバン水には消臭効果だけではなく、殺菌作用もあります。そのため消臭剤としてだけではなく制汗剤としても使うことができるのです。

制汗剤としてのミョウバン水の効果については後ほどお伝えしていきますが、ミョウバン水があれば、ニオイや菌の問題は大体解決されるでしょう。

ところで、ミョウバンってどんな物質なの?

ミョウバンは食品添加物に使われているものなので安心

ミョウバンは、「硫酸カリウムアルミニウム」とも呼ばれており、食品添加物として使われているので安心な物質です。

ミョウバンには「生ミョウバン」と「焼きミョウバン」があり、一般的に食品添加物として使われているのは「焼きミョウバン」になります。

硫酸カリウムアルミニウムって何だか危なそうな名前だけど…。

アルミニウムには毒性があり危険と言われることもありますが、食品添加物として使われている場合はごく少量しか使われていません。

食品として口から摂取する場合は使用量に注意が必要ですが、消臭剤や制汗剤として皮膚や物に使う場合はそれほど問題はありません。

むしろ余計な化学物質が入っていない分、肌に優しく安心できると言えるでしょう。

ミョウバンは、スーパーのお漬物売り場やドラッグストア、通販などで簡単に手に入れることができます。

ちなみに私は近所のスーパーで、1袋(60g)112円で購入しました!(2022年7月現在)

ミョウバン水の原液を500ml作るのにはミョウバンが15~20gあれば良いですし、実際にはその原液を10倍に薄めて使います。

そのためミョウバンが1袋あれば、しばらく困ることはないでしょう。

例えばお掃除用に色々と洗剤をそろえなくても、ミョウバン水スプレー1本で家中がピカピカになりますよ!

ミョウバン水スプレーがあればキッチンもピカピカに!

ミョウバン水スプレーには優れた殺菌力があるので、キッチン掃除にピッタリです。

台所の生ごみやまな板のニオイ消し、鍋のコゲ取りなど、あらゆるところに効果があります。

ちなみに私はガスコンロの焦げとりにも使用しています。

焦げがあるところにミョウバン水スプレーをかけて数分置いてからティッシュなどで拭き取るだけで、びっくりするほどきれいになりますよ!

生ごみにはシュッと一拭きするだけで消臭も殺菌もできますので、いつでも衛生的なシンクを保つことができます。

まな板でニンニクを切った後って、中々ニオイが抜けないのよね…。

そんな時も、いつも通りにまな板を洗った後、キッチンペーパーにミョウバン水をつけて拭くだけでニオイがすっきり落ちますよ!

鍋の焦げとりをする時は、以下のような手順でおこなってみてください。

鍋の焦げとりをする手順
  1. 焦げた部分が浸る程度までミョウバン水を入れて火にかける
  2. 焦げが泡立ってくるまでミョウバン水を煮立て、泡立ってきたら2分後くらいに火を止める
  3. そのまま冷ます

ミョウバン水が冷めたら鍋の焦げはパリパリに乾いているので、あとはこすって落とすだけですよ!

ミョウバン水で洗濯物の生乾き臭も消える!柔軟剤にも

洗濯物の生乾き臭は、洗濯で落としきれなかった雑菌のニオイです。

そしてミョウバン水は雑菌の繁殖を防ぐ働きがあるので生乾き臭を消すことができます。

また、ミョウバン水は弱酸性になるので、弱アルカリ性の洗濯用洗剤を中和させる働きもあります。

そのため洗いあがりがふんわりと柔らかくなり、柔軟剤の役割も果たすのです。

柔軟剤の香りが苦手だったけれど、ミョウバン水なら無臭だから良いかも!

ただ、最初からミョウバン水を入れてしまうと、アルカリ性の洗濯用洗剤の洗浄力が落ちてしまいますので気をつけましょう。

また、ミョウバン水は必ず10倍に薄めたものを使ってください。

原液のままでは衣類の生地をいためる可能性があるからです。

そして、消臭効果と柔軟剤効果を高めるためには、ミョウバン水は「すすぎ」のタイミングで入れることが重要です。

すすぎのタイミングを見るのは面倒だわ…。

そんな時は、洗濯物を干してからミョウバン水を上からスプレーで吹きかけるだけでも生乾き臭の防止になりますよ!

ミョウバン水の作り方を知ればワキガの悩みも解決!

ミョウバン水はお掃除にも万能ですが、優秀な制汗剤にもなるので、気になるワキガのお悩みもスッキリ解決できます。

ミョウバン水の作り方が分かれば、ミョウバン水スプレーにしていつでもシュッと脇につけられます。

ワキガが気になって、おしゃれしていても落ち着かないという場合におすすめです。

ミョウバン水スプレー自体にニオイはないので、香水などを使っていてもニオイが混雑せずに済みますよ!

そして制汗剤として肌に使用する場合も、ミョウバン水の原液を水で10倍くらいに薄めてから使用してください。

肌に直接あてるので、最初は必ず目立たない場所に塗って、問題ないかどうか確かめてから使用されることをおすすめします。

ミョウバンにはアルミニウムが含まれているので、まれにアレルギー反応を起こすこともあるからです。

問題がなさそうなら、汗を拭きとってからミョウバン水を直接スプレーしてください。

効果を高めるには、スプレーした後は拭き取らずに自然乾燥することがポイントになります。

ミョウバン水はワキガの原因菌を中和して繁殖を抑える

ミョウバン水は弱酸性なので、ワキガの原因であるアルカリ性の菌を中和して繁殖を抑える働きがあります。

そのため、ミョウバン水スプレーを脇の下に吹きかければ、ニオイを抑えることができるのです。

他の人はそうでもないのに、なんで私だけこんなにニオイがきついのかしら…。

それは、アポクリン腺という汗腺と皮膚常在菌という菌に関係していると言えるでしょう。

汗が分泌されるのは、エクリン腺とアポクリン腺という汗腺からですが、エクリン腺から分泌される汗はほとんど水分なので無臭です。

しかしアポクリン腺から出る汗には、アンモニアやタンパク質、脂質や糖質が含まれています。

そしてアポクリン腺から出る汗はサラサラではなく、白くにごったような色をしていると言われています。

ワキガの原因となるニオイは、このアポクリン腺から出る汗と皮膚常在菌が関係しているのです。

それでは、皮膚常在菌やアポクリン腺について、これから詳しくお伝えしていきますね。

ワキガに関係があるアポクリン腺と皮膚常在菌って何?

ワキガの元は汗よりも、皮膚常在菌によるものが大きいと言えます。そしてアポクリン腺は主に脇の下や足などにあります。

皮膚常在菌とは、簡単に言えば皮膚の表面についている微生物のことになります。

肉眼では見えませんが、本来は体を外敵から守ってくれる、とても良い菌です。

しかしそんな皮膚常在菌が、実はワキガに関係しているのです。

というのも、アポクリン腺から出る汗は、アンモニアやタンパク質などが含まれているため無臭ではありません。

そのため皮膚常在菌のニオイが強いと、悪臭を放ってしまうというわけです。

皮膚常在菌って何で臭くなるの?

その理由については、これからお伝えしたいと思います。

皮膚常在菌が悪臭になる理由は生活習慣によるもの

皮膚常在菌が悪臭を放つ理由は、脂っこい食事や睡眠不足などの生活習慣によるものが大きいと言えます。

脂っこい食事や睡眠不足が続くと、腸の動きが悪くなる為、老廃物の排出がうまくいかなくなりがちです。

実は体内からの老廃物は、腸からだけではなく皮膚からも排出されます。

水分をあまり摂らずにいたり脂っこいものや甘いものをよく食べていたりすると、腸から排出しきれずに皮膚から排出されることになるのです。

皮膚常在菌の中にはこうした老廃物も含まれています。

本来はあまり害のない菌ですが、こうした老廃物が多くなると、アポクリン腺から出る汗と混じって悪臭を放つようになるのです。

そのため食物繊維を多く含んだ野菜や海藻類、乳酸菌やオリゴ糖を積極的に摂るようにすることも、ワキガ対策に効果的と言えるでしょう。

ワカメとキノコのお味噌汁や、ヨーグルトのオリゴ糖かけなど、複数の食材を組み合わせるとさらに効果的ですよ!

汗をかく習慣が少ないとエクリン腺の働きも弱くなる

もう一つの汗腺であるエクリン腺は全身にあり基本的に無臭ですが、汗をかく習慣がないとエクリン腺の働きは弱くなります。

エクリン腺の働きが弱くなると、本来はサラサラとした無臭の汗が、ネバネバとした悪臭の汗に変わっていってしまうのです。

ワキガが気になって汗をかかないようにしていると、本来は臭くないエクリン腺からの汗も臭くなるかもしれません。

汗をかかなければ臭くならないというわけではないのね…。

ウォーキングなどの軽い運動でも良いので、汗をなるべくかくようにしてエクリン腺の働きを正常に保ちましょう。

汗をかいたらすぐに拭き取りニオイの発生を防ごう

実は、アポクリン腺から出る汗も、すぐに拭き取ればニオイの発生はある程度防げます。

それは、汗が皮膚常在菌と合わさって臭くなるまで1時間ほどかかると言われているからです。

そのため、汗をかいてもなるべく早く拭き取れば、それほどニオイはキツくならないのです。

そうなんだ!どうせまた汗が出るからと放っておくのは良くないんだね。

そして、汗をなるべく臭くしないようにするためには水分補給が大切です。

お水をこまめに飲み、1日できれば1.5Lくらい摂取することをおすすめします。

水分をよく摂り、汗はこまめに拭き取った上でミョウバン水スプレーをつけることは、ワキガにとても効果的と言えるでしょう。

ミョウバンには毛穴引き締め作用がある!入浴剤にも!

ミョウバンには毛穴を引き締める作用がありますので、汗を抑える効果が期待できます。

そのためお風呂の入浴剤として使ってみると、全身の毛穴が引き締められ、全身の汗を抑える効果が期待できると言えるでしょう。

また、ミョウバン水は弱酸性なので、入浴剤としてお風呂に入れてそのお湯につかることで、全身を弱酸性にすることができます。

ワキガの原因はアルカリ性の菌によるものなので、全身を弱酸性にすればワキガの原因菌の繁殖を防ぐことができると言えるでしょう。

ミョウバン水をどれくらい入れれば良いのかしら?

ミョウバン水の量はご自分の体質に合わせることが重要です。最初は少なめに入れることをおすすめします。

そして入浴剤として使う場合は、ミョウバン水は原液のまま入れます。

目安としては、20mlくらいから入れてみると良いでしょう。肌の様子を見て、量を加減してみてください。

アロマオイルで香り付きミョウバン水スプレーに変身!

無臭でも良いけれど、香り付きミョウバン水スプレーの作り方も知りたいわ。

ミョウバン水スプレーにデオドラント効果のあるアロマオイルを入れると、香り付きのミョウバン水スプレーを作ることができます。

デオドラント効果のあるアロマオイルとしては、「ペパーミント・ラベンダー・ハッカ油」がおすすめです。

私はレモンとかベルガモットのような柑橘系が好きなのだけれど、好きな香りでも良いの?

もちろん好きな香りでもよいのですが、レモンやベルガモットのような柑橘系のアロマオイルには光毒性があると言われています。

光毒性とは、日光を浴びるとシミや炎症が起きることを指します。

つまり柑橘系のアロマオイルを肌につけた状態で日光を浴びると、肌トラブルが起きる可能性が高いのです。

そのため、柑橘系はあまりおすすめできません。

柑橘系でなければ、好きなアロマオイルを混ぜて使われても問題ないでしょう。

ミョウバン水の作り方さえ知っていれば、香り付きミョウバン水スプレーを安く作ることができますよ!

アロマオイルなので人工的な香りはなく、周りとは違うオリジナルで優しい香りの制汗剤ができますね。

ミョウバン水の作り方を知れば足のニオイからも解放!

ミョウバン水は、ワキガだけではなく気になる足のニオイにも効果的です。

子供の足が臭すぎて、鼻が曲がるわ…。

子供でも小中学生くらいになると、こんなお悩みを持たれる親御さんが増えてくるようです。

私も小中学生の息子が2人おりますが、2人とも本当に足が臭くて困っていました。

しかしミョウバン水の作り方を知り実践したところ、大分解決しました!

ミョウバン水は肌に優しいと言われているので、子供から大人まで使えます。

「まだ子供なのにこんなに足が臭くて大丈夫かしら?」とお悩みの親御さんは、ぜひミョウバン水を試してみてください!

もちろん、自分自身の足のニオイが気になる場合にもおすすめです。

ミョウバンは安いので、どれだけ使っても惜しくはないですよ!

ワキガの時と同様に、最初はミョウバン水を10倍くらいに薄めたものを目立たないところに塗って、異常がないことを確かめてから使ってくださいね。

特に足の指と指の間にはアポクリン腺があるので、ミョウバン水スプレーをかけてよくすり込んでおきましょう。

ミョウバン水の作り方は本当に簡単ですし、原液を500ml作っておけばミョウバン水スプレーは大量に作ることができます。

しばらくもつので、できるだけ毎日朝晩に塗り込んでおかれると良いですよ!

足が臭くなるのもアポクリン腺と皮膚常在菌のしわざ!

子供も大人も関係なく、足が臭くなるのはワキガと同様で、アポクリン腺と皮膚常在菌のしわざです。

アポクリン腺は脇だけではなく足にも多いですし、靴や靴下の中は高温多湿な状態なので雑菌が繁殖し放題と言えます。

靴や靴下の中は、足の皮脂や古い皮膚の溜まり場なので、それらが雑菌のエサとなり、アポクリン腺から分泌される汗と混じってしまうのです。

でも、毎日きれいに足を洗っているのに…。

いくら足をきれいに洗っていても、靴の中が高温多湿なので、雑菌はいくらでも繁殖します。

雑菌は、高温多湿な状態が大好きなので、靴や靴下の中はパラダイスのようなものなのです。

その雑菌の繁殖を防ぐのに、ミョウバン水はとても効果的と言えます。

ミョウバンはとても安いですし、ミョウバン水の作り方も簡単なので、ご家族一人一人専用のミョウバン水スプレーを作っても良いと思います。

なくなったらそれぞれ自分で作ってもらっても良さそうですね。

靴にもミョウバン水スプレーをかければより効果的!

ミョウバン水スプレーは、足はもちろん靴にもつけたほうが、より雑菌の繁殖を防ぐことができます。

そして靴の中にミョウバン水スプレーをかけたら、靴に風を通して湿気を飛ばしておきましょう。

靴の中はなるべく湿気が少ない状態にしておくと、ミョウバン水の殺菌効果により雑菌の繁殖もある程度は防ぐことができます。

それでも臭い時は、抗菌消臭タイプの洗剤で漬け置き洗いをして、仕上げにミョウバン水を入れ、さらに数分置いてから脱水して乾燥させましょう。

実は、ミョウバン水スプレーを靴につけても持続効果は少ないので、割とすぐに臭くなります。

しかしこの方法なら4〜5日は持つので、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

  • ミョウバン水の作り方では、ミネラルウォーターや浄水器のお水ではなく500mlの水道水を利用する
  • ミョウバンは「硫酸カリウムアルミニウム」とも呼ばれており、食品添加物としても使われているので安心な物質である
  • ミョウバン水の作り方では、まず原液を500ml作るところから始めて、その原液を10倍に薄めたものを使う
  • ミョウバン水には優れた殺菌力があるので、キッチン掃除にピッタリと言える
  • 洗濯物の生乾き臭は落としきれなかった雑菌のニオイで、ミョウバン水には雑菌の繁殖を防ぐ働きがあるため生乾き臭を消すことができる
  • ミョウバン水は優秀な制汗剤にもなるので、気になるワキガの悩みもスッキリと解決できる
  • ワキガの元は汗よりも、皮膚常在菌によるものが大きい
  • 皮膚常在菌が悪臭を放つ理由は、脂っこい食事や睡眠不足などの生活習慣によるもの
  • ミョウバン水は足のニオイにも効果的と言える
  • 足が臭くなる理由も、ワキガと同じく皮膚常在菌によるところが大きい

ミョウバン水は消臭殺菌効果に優れたものであり、簡単な作り方でできることが分かりました。また、一度に作る量は500mlが丁度良さそうですね。

密かに悩んでいたニオイにも効果があることが分かり、ホッとされたのではないかと思います。

ミョウバン水を効果的に利用して、快適な毎日を過ごせることを、私は願います。

タイトルとURLをコピーしました