マスク焼けの治し方は時間がたった後でも有効!即効性を求めるなら?

これなに情報

マスク焼けの治し方ってあるけれど、やっぱり時間がたったら効果がないのかしら…。

マスク焼けの治し方は、時間がたった後でも有効です。

今は外でマスクを外すことが少ないので、マスク焼けに中々気がつかずにいることも珍しくありません。

鏡をじっと見ることがないから、親に言われるまで気がつかなかったよ。

マスクを外してふと鏡を見た時など、マスクの跡がくっきり残っていて青ざめたことはありませんか?

いくらマスク生活とはいえ、食事の時や運動中はマスクを外しますよね。

その時にマスク焼けをしていたら恥ずかしい思いをしてしまいます。

この記事を読まないと、人前ではずっとマスクを外せなくなるかもしれませんよ!

それでは、マスク焼けの治し方や時間がたった後の対処法などについて、これからお伝えしていきますね。

 

 

マスク焼けの治し方は時間がたった後でも有効!

マスク焼けをした時の治し方は、時間がたった後でも有効です。

しかし時間がたった後のマスク焼けをどうにかしたい場合は、通常の治し方に加えて肌のターンオーバーについて知ることが大切と言えます。

それでは、マスク焼けの治し方と時間がたった後のマスク焼けの治し方について説明していきますね。

 

マスク焼けの治し方はクールダウンと保湿がポイント!

マスク焼けの治し方は、クールダウンと保湿が重要なポイントです。それから、水分補給も忘れないようにしましょう。

マスク焼けをした時の治し方は以下の通りです。

  • マスク焼けした部分を濡れたハンカチやタオルで冷やす
  • ミネラルウォーターを飲む
  • 化粧水などで保湿
  • 熱いシャワーを浴びない

それではそれぞれどういうことなのか、解説していきますね。

<マスク焼けした部分を濡れたハンカチやタオルで冷やす>

日焼けは、皮膚がやけどをしている状態です。

やけどをした時はまず冷やしますよね。それと同じように、マスク焼けをして赤くなっているところを、濡れたハンカチやタオルで冷やしましょう。

日焼けしてから時間がたった場合でも冷やすの?

時間がたったマスク焼けの場合は赤くなっていないと思いますので、そういう場合はこの作業はしなくても大丈夫です。

その代わり、保湿を通常よりもかなり丁寧にしましょう。

時間がたった分、肌の乾燥は大分進んでいるからです。

<お水を飲む>

日焼けをするということは、それだけ気温が高く日差しが強いということなので、汗をかきますよね。

汗をかくと、体の水分が不足していくのでミネラル不足になり、乾燥がどんどん進んでくるので肌はカサカサになりがちです。

私は年々お肌の乾燥が気になってきているので、一年中お水をよく飲んでいます。

お水を飲んでミネラル不足を解消し、乾燥を防ぎましょう。

お水は味がないから苦手なのよね…。

水分不足になると体調も崩しやすくなります。ミネラルウォーターが一番良いですが、どうしても苦手であれば、せめて麦茶を飲みましょう。

麦茶にもミネラルが含まれているので、ミネラル補給に良いですよ。

<化粧水などで保湿>

これはミネラルウォーターを飲むこととほぼ同じ理由です。

日焼けをすると体内はもちろん、皮膚も乾燥します。

皮膚に直接化粧水などをつけて保湿をすると、乾燥を防げますよ!

おすすめは、肌のほてりを落ち着かせて肌の炎症を抑える効果のある、アロエエキス配合の化粧水です。

私の実家に必ずありましたが、今思えば肌のことを考えて使っていたのですね。子供の頃は何も気にしていませんでした…。

<熱いシャワーを浴びない>

日焼けは皮膚がやけどをしている状態なので、日焼けした当日に熱いシャワーを浴びるのは避けましょう。

時間がたったマスク焼けの場合は、普通の肌であればそれほど問題はありません。

ただ、皮膚が弱く敏感肌の場合、熱いお湯は刺激が強いので避けたほうが無難です。

 

時間がたった後は肌のターンオーバーを磨くことが大切

時間がたったマスク焼けの治し方は、肌のターンオーバーを磨くことが大切です。

肌のターンオーバーってよく聞くけれど、具体的にはどんなことなの?

肌のターンオーバーとは、簡単に言えば肌の新陳代謝のことです。

新陳代謝とは、古いものから新しいものに生まれ変わっていくことを指します。

つまり古い肌から新しい肌へと生まれ変わることを肌のターンオーバーと言うのです。

肌のターンオーバーを磨くとは、肌のターンオーバーを正常に保つことを指します。

どうすれば正常に保てるの?

肌のターンオーバーを正常に保つには、十分な睡眠と栄養バランスの整った食事をとることが重要です。

 

肌のターンオーバーを保つための対策は3つ!

肌のターンオーバーを正常に保つための対策は、以下の3つです。

  • ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6が含まれた食品を摂取する
  • 成長ホルモンが多く分泌される深夜0時から3時までの時間帯に深い眠りにつく
  • ミネラルウォーターをたくさん飲む

この3点が大切です。どういうことなのか、それぞれ解説していきますね。

<ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6が含まれた食品を摂取する>

ビタミンCは何となく分かるけれど、ビタミンBも必要なの?

実は、ビタミンB群は体内でとても重要な役割を果たしていて、肌のターンオーバーに欠かせない栄養素なのです。

ビタミンB2はレバーやバナナ、ビタミンB6はニンニクや肉類、魚類に多く含まれています。

ちなみにビタミンCはレモンやキウイフルーツ、ピーマンやブロッコリーなどに多く含まれていますよ。

普段のおかずなどにとりいれやすいものばかりなので、特にマスク焼けしやすい時期はこれらを積極的に食べられることをおすすめします。

<成長ホルモンが多く分泌される深夜0時から3時までの時間帯に深い眠りにつく>

肌のターンオーバーは、成長ホルモンが多く分泌される夜に活性化します。

マスク焼けの治し方を有効にするには、遅くても23時くらいには布団に入るようにしたほうが良いでしょう。

やっぱり寝不足はお肌に良くないのね!

<お水をたくさん飲む>

肌のターンオーバーを正常に行なうには、十分な水分が必要です。

成人であれば、1日1.5Lのミネラルウォーターを飲まれることが理想とされています。

お茶とかコーヒーではダメかしら?

飲まないよりは良いですが、お茶やコーヒーには利尿作用もあるので、飲んでもあまり水分としては吸収されません。

効率よく水分を補給するには、やはりミネラルウォーターが一番おすすめです。

 

マスク焼けが治るまでの期間は大体28日程度!

マスク焼けが治るまでには、大体28日程度かかります。これは肌のターンオーバーにかかる期間です。

一度日焼けをしてしまうと、新しい肌に生まれ変わらない限り、元には戻りません。

日焼けをすると、肌にどれだけダメージを与えるのかが分かるのではないでしょうか。

マスク焼けをするのは数時間なのに、治るまでには1ヶ月もかかるのね…。

確かに、治るまでにはそれだけかかりますが、マスク焼けをした後の処置の仕方次第で、将来の肌リスクを抑えることができますよ!

それに、何もしなければ、肌のターンオーバーにかかる期間は28日以上かかってしまうこともあります。

それはもっと嫌だわ!

栄養バランスを考えたり色々と調理をするのが面倒だったりする時は、バナナがおすすめです。

バナナなら、むいて食べるだけなので簡単ですよね。

バナナには、神経を落ち着かせて睡眠をうながす作用がある「トリプトファン」も含まれています。

なるべく負担の少ない方法で必要な栄養素をとりいれ、肌のターンオーバーが正常に働くように心がけましょう。

 

マスク焼けの治し方を知り予防をすることも大切!

マスク焼けの治し方は時間がたった後でも有効ですが、できるだけマスク焼けをしないように予防することも大切です。

マスク焼けを予防する方法は以下の3つになります。

  • 日焼け止めクリームを数時間おきに塗る
  • 帽子をかぶる
  • 日傘をさす

それぞれ簡単に解説していきますのでご覧ください。

日焼け止めクリームを数時間おきに塗る〉

日焼け止めクリームを数時間おきに塗ることは、マスク焼けを防ぐ一番の方法です。

洗顔料や石けんで簡単に落ちるようなタイプなら、子供でも安心して使えますのでおすすめですよ!

〈帽子をかぶる〉

ベースボールキャップでも良いのですが、マスク焼け対策には麦わら帽子タイプがおすすめです。

というのも、麦わら帽子タイプであれば、上からも横からも後ろからも日差しをさえぎることのできるツバがあるからです。

色々とデザインも豊富なので、お気に入りの帽子がきっと見つかりますよ!

どうしても気に入ったデザインがなければ、首や顔にしっかりと日焼け止めクリームを塗って、日焼けを防ぎましょう。

〈日傘をさす〉

歩いて移動する時は、日傘をさすとマスク焼け防止にとても効果的です。

ただ、男性や子供の場合は、日傘を恥ずかしく感じることもあるかもしれません。

その場合は、やはり日焼け止めクリームや帽子がおすすめです。

ただ、日傘はさすだけなので、マスク焼け防止の対策としては一番簡単と言えますよ。

 

 

マスク焼けの治し方で即効性を求めるなら早めの処置を

マスク焼けの治し方で即効性を求めるなら、できるだけその日のうちに処置をすることが重要なポイントです。

治し方は先ほど説明した通りですが、処置は早ければ早いほど、即効性が高いのです。

日焼けによって作られたメラニンが、肌の奥に沈着するまでは72時間と言われています。

メラニンってシミの元みたいなもの?

メラニンは黒色の色素のことで、メラノサイトというメラニンが作られる工場のようなところで作られています。

そしてこのメラニンが皮膚に多く含まれると、肌は黒く見えてマスク焼けが目立ってくるのです。

マスク焼けは、メラニンが肌の奥深くに沈着している状態と言えます。

その状態をなるべく少なくするためには、日焼けをしたらすぐに肌のケアをすることが大切なのです。

肌のケアをしてメラニンを肌に沈着しにくいようにすることが、マスク焼けの治し方に即効性をだすことにつながると言えるでしょう。

 

 

マスク焼けの治し方は小学生の親に必要な知識!

マスク焼けの治し方は小学生の親に必要な知識と言えます。

小学生は学校にいる時、こまめに日焼け止めクリームを塗ることは難しいですし、子供が自分で日焼け止めを塗り直すことはあまり期待できません。

体育の授業や休み時間などに運動をすれば、汗で日焼け止めクリームはすぐに流れ落ちてしまいます。

かといって、ツバの広い帽子を小学校でかぶることは基本的に難しいですし、ずっと日かげにいるというのも難しいですよね。

今は小学生も基本的にマスクをつけていなければならないので、マスク焼けは避けられないと言えます。

小学生の場合、自分でケアをすることは中々難しいと思いますので、子供のマスク焼けは親も一緒にケアしてあげてください。

私も小学生の子供を持つ親ですが、暑い時期は毎日帰宅後に冷たいタオルで顔を冷やすようにしています。

それでは、小学生がマスク焼けをした時の治し方や対策方法について、これからお伝えしていきますね。

 

マスク焼けが治るまでは隠してみるのもあり!

マスク焼けは、とりあえずマスクをしておけば分からないよね。

マスク焼けは1日で治らないので、治るまではマスクで隠してしまうのも1つの手段です。

そしてこれ以上マスク焼けがひどくならないように、マスク焼けの治し方を親も一緒に実践することが重要なポイントになります。

そして、日焼け止めをこまめに塗ったり帽子をかぶったりしていれば、マスク焼けはある程度防ぐことができますよ。

日焼けをした日は、なるべく早く顔を冷やして、水分を多めに摂らせるようにしたり普段の食事や生活習慣に気を遣ったりすることも大切です。

ところで、大人用の日焼け止めクリームを子供に塗っても大丈夫かしら?

敏感肌用の日焼け止めクリームなら刺激が少ないので安心ですよ!

それでは、小学生の子供でも安心して使える日焼け止めクリームをご紹介しますね。

 

小学生にも安心!日焼け止めクリームのおすすめ3選!

小学生にも安心して使わせることができる日焼け止めクリームは、以下の3つになります。

  • NOV(ノブ)UVシールドEX SPF50+PA++++
  • ユースキンS UVミルク SPF25PA++
  • ニベアサン プロテクトウォ―タージェルこども用SPF28PA++

それぞれの商品について解説していきますね!

NOV(ノブ)UVシールドEX SPF50+PA++++

こちらのおすすめポイントは、防水タイプであることと、敏感肌用なので小学生にも安心して使わせられることです。

うちの子、汗っかきだから良いかも!

お値段が30gで2950円とお高めなのは難点ですが、人工香料不使用なので肌に優しく安全ですよ。

ユースキンS UVミルク SPF25PA++

こちらは昔からあるメーカーなので、聞き覚えもあるのではないでしょうか。

「デリケートな肌やカサカサしている肌を守る」をコンセプトに商品開発しているユースキン社から出されているので安心ですよね。

ユースキンのクリームは乾燥肌にも良いのよね!

私もユースキンクリームはよく使っていましたが、とても伸びが良く肌に優しそうだと感じました。

石けんやボディソープで洗い流せるので、小学生にも簡単に洗い流すことができますよ。

お値段は40gで1920円と少しお高めですが、昔からあるユースキン社の製品は信頼性も抜群です。

初めて子供に日焼け止めクリームを使用する場合は、少しでもなじみのある名前のほうが、安心して使えるのではないでしょうか。

ニベアサン プロテクトウォ―タージェルこども用SPF28PA++

こちらもかなりなじみのある名前ですよね。お値段も120gで521円とかなりリーズナブルです。

うちは子供が多いから、安いほうが助かるわ!

この商品は赤ちゃんの肌にも安心して使用できるので、小学生だけではなく乳幼児にもおすすめです。

量も多いので、コスパが良くておすすめですよ!

 

 

まとめ

  • マスク焼けをした時の治し方は時間がたった後でも有効
  • マスク焼けの治し方はクールダウンと保湿、そして水分補給が重要なポイント
  • マスク焼けが治るまでには、大体28日程度かかる
  • 時間がたったマスク焼けの治し方は、肌のターンオーバーを磨くことが大切
  • 肌のターンオーバーとは、簡単に言えば肌の新陳代謝のこと
  • マスク焼けの治し方は、できるだけマスク焼けしないように予防することも大切
  • マスク焼けの治し方で即効性を求めるなら、できるだけその日のうちに処置をすることが重要なポイント
  • マスク焼けの治し方は小学生の親に必要な知識と言える

今は一年中、子供から大人までマスクをつけて生活していかなければなりません。

どうしてもマスク焼けになってしまうことも多いのではないでしょうか。

この記事が、普通のマスク焼けや時間がたったマスク焼けに悩まされているあなたのお役に立てることを、私は願います。

タイトルとURLをコピーしました