マネーフォワードプレミアムは無駄?無料版との違いや解約方法を紹介!

これなに情報

毎日の家計管理をサポートしてくれる「マネーフォワード ME」。お金の流れを見える化して、無駄な出費を見直すのに役立ち、とても便利な家計簿アプリです。

そんなマネーフォワードアプリは無料版でも充分な機能を備えています。

しかし、無料版の制限によって不便さを感じたあなたは、有料版である「プレミアムサービス」が気になるのではないでしょうか?

マネーフォワードのプレミアムサービスは、月額500円ほどかかります。

果たしてこの課金は価値があるのか無駄なのか?それはツールの活用次第とも言えます。

今回はプレミアムサービスが本当に無駄なのか、損得を調査しました。

無料版との違いや解約方法についても詳しく解説します!

プレミアム会員で使える機能を知り、少しでも判断材料になると嬉しいです。

 

 

マネーフォワードのプレミアム契約が無駄になる理由

どんな理由でマネーフォワードのプレミアムサービスが無駄と思われるのでしょうか?

マネーフォワードのプレミアムサービスは以下の条件に当てはまると無駄に感じることが多いです。

  • マネーフォワード無料版の機能で満足している
  • なんとなくプレミアム会員になってみたいと考えている
  • 本気で家計改善に取り組むつもりはない
  • 時間の節約よりも、お金の節約が絶対優先
  • 現金払いですべての支払いを済ませている
  • エクセルや複数のアプリを併用していて、マネーフォワードにない機能を他でカバーできている
  • 自分で家計を分析できる

つまり、無料版のサービスで乗り切りたい、複数アプリの併用が苦にならない、という方には、プレミアムサービス以外の代替が利くため、有料契約が無駄と感じる傾向にあります。

現金での支出に関しても、レシート撮影で楽に記録できるようになっていますが、やはりクレジットカードや電子マネーのデータが自動反映されるのが強みと言えるでしょう。

逆に、次のような人にマネーフォワードのプレミアムサービスは向いています。

  • 制限なしに、もう少し拡張した機能を使いたい
  • 資産運用でお金を増やしたい
  • 家計管理を真剣に改善したいと考えている
  • お金の節約や貯蓄はもちろんだが、時間をもっと効率的に使いたい
  • 電子マネーやクレジットカード決済を頻繁に利用している
  • ひとつのアプリで家計や資産全体を一括管理したい
  • 自分で家計を分析するのが苦手

家計改善への投資が苦にならない(それ以上にお金を貯めたい)、アプリひとつで効率的に家計管理がしたい、などと考えられるのであれば、課金は無駄にならないでしょう。

私はノートに家計簿をつけていて、買い物に行くたびにノートを開いて記録しています。

手書きで家計簿を書くのはけっこう面倒よね。

スマホ一つで管理ができると楽ですし、買い物の直後に記録できるので記録し忘れることもなくなります。

まずは、自分がどのようにお金を使っているか、何を重視して管理したいかを考えると良さそうだね!

それでも、家計を改善したくてアプリを使っているのに、毎月の会員料金を出費するのは無駄じゃないの?と思うかもしれません。

確かにプレミアムサービスの機能が使えるようになっても、使わない無駄な機能は出てくるでしょう。

しかし、家計改善のために必要な機能があれば、プレミアム会員になるメリットはあります。どんな機能が使えるようになるのか、見ていきましょう。

 

 

マネーフォワードのプレミアム会員になるメリットとは

マネーフォワードのプレミアム会員になると、使える機能が大きく広がります。その中でもメリットと注目されるのは主に次の3つの機能です。

  • 連携できる金融機関やサービスの数に制限なし
  • 閲覧できる過去データの期間に制限なし
  • 連携先データの最新状態を常に表示する

これから一つずつ詳しく解説していきますね!

 

連携できる金融機関やサービスの数に制限なし

マネーフォワードのアプリは、クレジットカードや銀行口座と連携することで、自動的に入出金や残高のデータを収集して資産の合計額を表示してくれます。

家計簿アプリの中でも連携数がトップクラスのマネーフォワードですが、無料版では、連携できる金融機関が10件と限られています。

プレミアム会員になると、この連携数の制限は解除され、何件でも連携させることができるのです。

そうなると、マネーフォワードのアプリだけですべてのお金の流れを把握することができちゃいます♪

連携先には、ポイントカードや証券口座が含まれ、複数のカードや金融機関を登録していくと、連携できる数の上限に簡単に達成してしまいます。

使用している金融機関が多くない場合は無料版でやりくりできますが、最近では目的別にクレジットカードやポイントを分けて持つ方も多くなっています。

私もスーパーでの買い物用やネットショッピング用、ガソリンスタンドのクレジットカードなどシーン別に使い分けています。

登録したい連携先が11件以上ある場合は選別しなければならず、一元での管理ができません。

連携する数ってそんなに重要なの?

無料版で対策するには、マネーフォワードのアカウントを2つ作成したり、連携数が無制限に登録できる別の無料アプリを使ったりして管理する必要が出てきます。

ただ、管理が非常に手間になるのと、一元管理が叶わなくなるので、家計簿管理を効率化したい方には逆効果になるかもしれません。

私は会社の給料が振り込まれる銀行が指定されているため、複数の金融機関を利用しています。

お金の流れを管理するためには全ての金融機関やクレジットカードを連携させたいところです。全てを連携するためには無料版では足りないですね。

プレミアム会員になってこの便利さを買えるのなら、課金する価値ありです!

 

閲覧できる過去データの期間に制限なし

無料版では、過去のデータを振り返りたくても、1年分の家計簿や資産推移を見ることしかできません。

プレミアム会員では閲覧可能な期間の制限がないため、有料契約している間は好きな分だけ過去をさかのぼって推移を見ることができます。

家計改善をしたいのであれば、変化を把握して分析するためにも、1年以上前のデータと比較して振り返ることも大切です。

去年と比べてどれくらい節約できたのか知りたいときや、改善できているかどうかを確認したいときには、過去データが見られないと困るね!

でも安心してください!無料版は閲覧制限があるだけで、連携開始からの全期間のデータは残っています。

家計や資産運用の改善をしたいのであれば、過去のデータにアクセスできることは大きなメリットのひとつと言えます。

過去のデータを見たい月だけ、単発的に月額のプレミアム会員になるという手もあります!

Web版サービスでは、プレミアムサービスの契約中であれば、過去を含む月々のデータをCSV形式でダウンロードできます。

CSVファイルはエクセルで開けるので、過去データを参照したくなったときのために、有料契約期間中にダウンロードしておくと良さそうです。

 

連携先データの最新状態を常に表示する

これはデータを見る頻度によって好みが分かれる機能ではありますが、無料版の場合、連携先の情報の更新頻度は低く、2~3日後に反映されることがあります。

データが自動更新されないと、アプリを起動しても、連携先口座の情報が以前のままとなり、わざわざ手動で一つずつ更新していかなければなりません。

クリックする手間や、反映する時間がもったいないですよね。

プレミアム会員の場合は、連携先データの自動更新頻度が高くなり、かつボタン1つですべての連携先の情報を一括更新することができます!

こちらの機能は、気になったらすぐに状況を確認したい人に向いています。

手間と時間をかけずに、最新の資産状況を一括更新して把握できるのは、わずらわしさが無くて、なかなかのメリットですね。

 

他にもある!便利なプレミアム機能とは?

以上で説明した機能の他にも、プレミアム会員ならではの機能はいくつかあります。

  • 資産内約と推移グラフ:見やすい資産内約と推移グラフによって、無駄な支出が一目瞭然できると同時に、努力の成果が見えるのでやる気を維持できる
  • 2つ以上のグループ作成:グループを複数作成できると、個人用や家庭用、業務用、年金用など、連携先を自由にグループ化できる
  • 家計資産レポート:このレポートを利用することで、家計を黒字化するための分析ができたり、理想の家計と比較できたりする
  • アプリ内の広告が非表示:要らない情報が視覚から取り除かれて精神的なメリットが得られる

マネーフォワードには、使いやすくて優れた機能がたくさん搭載されています。無料版の制限が解除されるだけで、便利さが大きく変わるので、メリットを感じることは間違いなしです!

ただ、すべての機能を使いこなす必要はありません。

自分に必要な機能を見極めて、アプリひとつで収支を可視化でき、節約と貯金に繫がるのであれば、投資しても損はないですね。

 

プレミアム会員にデメリットはあるの?

使い方は人それぞれなので、使わない機能をデメリットだと思うことはあるかもしれません。

例として、次のようなデメリットが挙げられます。

  • 毎月のプレミアム会員料金の固定費がかかる
  • 連携先データの一括更新は、時短で便利な反面、手動でも更新は可能
  • 連携先のポイント有効期限の表示と通知は、ポイントにこだわっていないのであれば必要ない
  • プレミアムサポートは、トラブルがなければ特に利用しない(ただ、万が一の時に優先サポートは安心できます)

家計を改善したいのであれば、データを眺めるだけではなく、分析して無駄をなくしていく意識も必要です。

家計改善に投資するなら500円は安いと思うかどうかは、ツールの活用次第と言えるでしょう。

 

無料会員とプレミアム会員で使える機能をまとめて比較!

ここで、無料サービスとプレミアムサービスで使える機能をまとめた表を見てみましょう。

無料会員プレミアム会員補足説明
機能0円月額500円(税込)Web版サービスの料金、iOSやAndroidアプリの場合は異なる
データ閲覧可能期間過去1年分制限なし取得済のデータが対象
連携可能数10件まで制限なし
グループ作成1件まで制限なし
連携講座の自動更新頻度×高い
連携講座の一括更新×一括更新対象外の口座が一部あり
カードの残高表示×
家計資産レポート×
資産内約・推移グラフ×
負債内訳・推移グラフ×プレミアム機能はアプリ版が対象
ポイント・マイルの有効期限の表示・通知×プレミアム機能はアプリ版が対象
カード引き落とし時の残高不足の通知×プレミアム機能はアプリ版が対象
広告非表示×株式会社マネーフォワードが提供サービスに関する案内は除く
CSVダウンロード×アプリ版では利用できない
<サポート・保障> 
プレミアムサポート×
データバックアップ保証×
サービス継続性保証(SLA)×

 

家計改善の実績データ

プレミアム会員で使える機能がわかったところで、実際のところ、課金することで損はないか、あるいは元が取れるのかどうか不安になりますよね。

無料会員とプレミアム会員では、どれほどの家計改善が見られるかどうか、実績データが出ています。

株式会社マネーフォワードが、「マネーフォワード ME」の利用者16,179名を対象に実施した「お金の意識調査2020」によると、次のような結果となりました。

  • 無料会員の家計改善金額の平均…23,116円
  • プレミアム会員の家計改善金額の平均…32.700円

課金をすると節約意識がより高くなるのか、日頃の支出を意識した方が多く、無料版とプレミアム会員の違いはおよそ1.4倍になりました。

マネーフォワードを使ってお金の流れを定期的に確認すると、お金の使い方を考えることが多くなり節約にもつながるということです!

プレミアム会員になることで家計に改善が見られ、500円の元が取れるのであれば、投資した額は無駄にはなりませんね♪

 

 

マネーフォワードのプレミアムサービス料金はいくら?

マネーフォワードのプレミアムサービスにかかる料金は、決済方法によって異なります。

マネーフォワードはiOS版アプリ、Android版アプリ、Web版サービスの3タイプで利用できるようになっています。

どこから申し込むかでプレミアムサービスの料金が変わるので、事前にチェックしておきましょう。

マネーフォワードのプレミアムサービスにかかる料金は次のとおりです。基本的に、アプリ内に表示されている金額で設定されています。

Apple ID決済Google Play決済クレジットカード決済
申し込み方法iOS版アプリからAndroid版アプリからWeb版サービスから
月額プラン480円(税込)500円(税込)500円(税込)
年額プラン5,300円(税込)5,500円(税込)

Web版サービスからの申し込みは、月額プランのみとなります。

見てわかるように、年額プランであれば、iOS版なら460円お得、Android版なら500円お得になります。

iOS版で申し込むのが一番お得だね!

プランの変更や決済方法は後から変更することもできるので、お持ちのデバイスの中でお得な方法を選んで申し込みましょう!

 

 

マネーフォワードのプレミアムサービスを無料で試そう

マネーフォワードのプレミアム機能が優れたものだと理解しても、自分にとって本当に無駄かどうかは、体験しないと分からないこともありますよね。

料金を払って利用したのに、実際に使ってみて「やっぱり必要ない」なんてことは避けたいです。

どうしても悩んでしまうあなたには、無料お試し期間で判断してみることをおすすめします!

マネーフォワードのプレミアムサービスは、以下のいずれかの方法によって無料で使うことができます。

  • 30日間無料で試す
  • 「マネーフォワードでんき」を契約して無料クーポンをもらう

無料お試し期間は、プレミアムサービスに登録したことがない方のみ対象となります。

お試し期間が切れる前に自動更新を停止することで、支払いは発生しません。

30日間の限定期間になりますが、プレミアムサービスの全機能が使えるようになるので、自分にとってメリットが大きいかを見極める良い機会になりますね。

マネーフォワードの電気の特徴は、次のとおりです。

  • 電気料金が3%オフ
  • マネーフォワードのプレミアムサービス料金がずっと無料になる
  • 今までと同じ電気が使えるから、電気の品質はそのままで、追加負担なし

電気を切り替えるだけで、マネーフォワードのプレミアムサービスが無料になるなんてお得!

「百聞は一見にしかず」というように、ぜひプレミアムサービスの機能をご自身でお試しください!

電気会社を変更できるなんて知りませんでした。電気料金を見直すきっかけにもなり、一石二鳥ですね!

 

マネーフォワードのプレミアムサービス解約方法は?

無料で試した後に、「やっぱりしばらくは無料会員でいい」と思ったら、プレミアム会員から無料会員に戻ることができます。

プレミアムサービスを解約するには、ご契約されているプランの更新を停止する必要があります。

更新停止の手続きは、決済方法によって異なります。

<Web版サービスで申し込んでいる場合>

ログイン後、「アカウント状況」に表示されている「プレミアムサービスの更新を停止する」ボタンをクリックします。

<iOS版アプリ、Android版アプリで申し込んでいる場合>

ウェブブラウザやアプリ内からでは解約手続きができないため、App StoreまたはGoogle Playより定期購読(サブスクリプション)の更新を停止してください。

プレミアムサービスの有効期間の途中で解約することはできません。

更新停止した後は、サービスの有効期間末日まではプレミアム機能を利用できるため、解約すると決めたら忘れないうちに手続きしておくと良いですね。

 

 

まとめ

  • マネーフォワードのプレミアムサービスが無駄かどうかは、ツールの活用次第
  • 無料版で満足していたり、普段の買い物を現金払いで済ませていたり、他アプリとの併用が苦にならなかったりする人は、プレミアムサービスを無駄と感じる傾向がある
  • マネーフォワードのプレミアム会員になるメリットは、主に連携数やデータ閲覧可能期間の制限がないことと、連携先データを常に最新状態で見れること
  • 使わない機能を無駄と思うかもしれないが、家計改善につながる機能があれば、課金する価値はある
  • マネーフォワードのプレミアムサービスにかかる料金は、決済方法によって異なる
  • 最後まで悩むなら、30日間の無料お試し版で判断するのがおすすめ
  • プレミアムサービスを解約するには、プランの更新停止手続きが必要

一番無駄だと悩むのは、やはり投資金額ではないでしょうか。

しかし、真剣に家計改善を目指すなら、無駄な支出を見極めるためにも必要な出費という考え方もあります。

何より、手間で面倒な家計管理よりも、お金のことを考える時間から解放されてストレスフリーに管理できるのが理想ですね。

どうしてもプレミアム会員になるか悩む場合は、ぜひ一度、無料お試し期間で機能の使い勝手を見極めてみてください!

タイトルとURLをコピーしました