涙袋がないことのメリットは美人顔が多いこと!作り方も教えます♪

おしゃれ

あなたは、涙袋がない自分に対して、落ち込んだことはありませんか?

私はあります。涙袋がない人とある人で比べると、ある人の方がベビーフェイスで可愛らしい人が多いですよね。

しかし、実は涙袋がない人には美人顔が多いというメリットがあるんです!

あなたは涙袋がある人に対して憧れを抱いているかもしれませんが、涙袋がない人はこのようなメリットをたくさん持っています。

今回は涙袋がない人が持つメリット5つと、涙袋の作り方などをご紹介します。

これを読まないと、あなたはいつまでも自分に自信が持てないままかもしれません。

ぜひこちらの記事を参考にしていただき、北川景子さんや吉高由里子さんのような美人顔を目指してみて下さい!

そして、自信に満ちあふれたキラキラした自分を手に入れて下さいね!

 

 

涙袋がないことのメリットは美人顔が多いなど5つ!

はじめにお伝えしたように、涙袋がない人が持つメリットには「美人顔が多い」というものがあります。

しかし、涙袋がないことのメリットは、それだけではなく他にもまだまだたくさんあるのです!それがこちらです。

  • 美人顔が多い
  • クマが目立ちにくい
  • 海外の男性から好まれる
  • 目の下がたるみにくい
  • 目の下の小じわが出にくい

ここでは、涙袋がないことのメリット5つをご紹介していきます。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

美人顔が多い

涙袋がない人は、下まぶたがすっきりしているため、目が切れ長で大きく見えるのが特徴です。

これはいわゆるアジアンビューティーな顔立ちで、美人顔が多いです。

涙袋がない人は、「可愛らしい」よりも「キレイめ」を意識し、目指した方がより自分を美しく見せることができるでしょう。

もし、あなたがこれまでキュートなファッションを好んで着ていた場合、それをキレイめな大人っぽいファッションに変えてみて下さい。

これまでとは違った印象にガラリと変わり、あなたの魅力を引き出せるかもしれませんね。

 

クマが目立ちにくい

涙袋がない人の場合は影ができることがないので、クマができたとしても目立ちにくいです。

その逆で、涙袋がある人は、涙袋の膨らみで影を作ってしまうので、クマができてしまった時にどうしても目立ちやすいです。

クマができると疲れた印象をもたれてしまうかもしれませんし、会話している相手に不健康な印象を与えてしまう恐れもあります。

その点、涙袋がない人はクマができにくいのでいつでも健康的で元気な顔つきでいられるでしょう。

そのような人と会話をしていると、自然にこちらも明るくなれますよね。

 

海外の男性から好まれる

涙袋がない人は海外の男性から好かれやすいです。理由は、先程のところでもご説明した通り、元気で健康的な印象を持たれるからです。

逆に涙袋がある人は、海外では「疲れている」という印象や「老けている」という印象を持たれることが多く、避けられる傾向があります。

涙袋は日本や韓国では人気で、わざわざ涙袋を作るメイクをする人もいるくらいですが、実は日本や韓国以外だとあまり受けは良くないようです。

「涙袋を取りたい」と思う人までいるようですよ。

日本や韓国で人気のある涙袋も、世界に目を向けて見てみると、そうではないみたいですね。

 

目の下がたるみにくい

涙袋は年齢を重ねるごとに下垂していきます。そして、下垂していくと、目袋と呼ばれる老人のようなたるみに変化していってしまうのです。

芸能人をよく見たら分かるかと思いますが、若い世代ほど涙袋がある人が多く、年代が上がっていくごとに目袋がある人が増えています。

一方、涙袋がない人は元々ふくらみがないため、下垂の心配はほとんどいらないでしょう。

涙袋にハリがある10代や20代のうちはいいですが、年齢が上がっていけばたるみには注意が必要です。

涙袋がない人はその心配をする必要がないため、そこがメリットといえます。

 

目の下の小じわが出にくい

涙袋がない人は、目の下がフラットなため小じわが出にくいです。

目の下にシワができにくいと、いつまでも若々しい顔つきでいることができるため、老化を感じさせません。

涙袋がない人は、それがコンプレックスであるかもしれませんが、世界が求めているアジアンビューティーな目は、シャープで切れ長なすっきりとした目です。

涙袋がないからという理由で自分に自信をなくしているのであれば、それはやめましょう!

涙袋がない人はこのようなメリットをたくさん持っているのですからね。

涙袋がないことのメリットって、こんなにたくさんあるのね!

 

 

涙袋がない人とある人がいるのはなぜ ?原因は眼輪筋!

涙袋がない人とある人がいますが、涙袋がない人は、なぜないのでしょうか。その原因はおもに次のようなものがあります。

  • 眼輪筋が小さいこと
  • 目の下の皮膚が厚いこと
  • 目が小さいこと

以上の3つです。ここでは、涙袋がない人は、なぜないのかをお伝えしていきます。

涙袋がなぜないのかという原因が分かることによって、解決策が見えてくるかもしれませんよね!

涙袋がない原因が分かれば、ちょっと嬉しいかも!

 

眼輪筋が小さい

眼輪筋とは、目の周りにある筋肉のことをいいます。

足や腕の筋肉と同じで、この眼輪筋も人によって筋肉の大きさが違っています。

この眼輪筋が大きいと涙袋ができるのですが、小さいとできません。

そのため、涙袋がなぜないのかという原因にはこちらの眼輪筋が小さいというものがあげられます。

 

目の下の皮膚が厚い

目の下の皮膚が厚いと、皮膚の下に隠れてしまうため、せっかく涙袋があったとしても、ないように見えてしまうことがあります。

「涙袋ほしいな…。」と悩んでいる場合でも、鏡をよく見てみて下さい!

もしかしたら目の下の皮膚に隠れているだけで、本当はあるかもしれませんよ。

 

目が小さい

目が小さめの人は、下まぶたの膨らみが少ない傾向にあります。

下まぶたの膨らみが小さいと、どうしても涙袋はできにくくなってしまいます。

目の大きさで涙袋の有無が変わってきてしまうのですね。

ここではなぜ涙袋がないのか、その原因をご説明してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。

「目の下の皮膚が厚い」というものや「目が小さい」というものは、もう自分ではどうすることもできないような気がしますよね。

それでも諦めるのはまだ早いです!次のところでは涙袋がない人が実践できる、「涙袋の作り方」をご紹介していきます。

諦めて落ち込んでいたそこのあなた!ぜひ見てみて下さいね。

涙袋を作る方法があるなんて嬉しい!早速見なくちゃ!

 

 

涙袋がないあなたに作り方を伝授!すぐ実践できます!

今回ご紹介する涙袋の作り方は次の4つです。どれも簡単なものばかりなので、1つずつ見ていきましょう。

  • 眼輪筋の筋トレ
  • まぶたの筋トレ
  • 下まぶたのマッサージ
  • メイク

以上が涙袋の作り方です。涙袋がない人が持つメリットはたくさんあり、涙袋がない人でもキレイな人はたくさんいます。

しかし、それでも「どうしても涙袋がほしい…。」と思うこともあると思います。

ここでは、そんな涙袋がないことに悩んでいるあなたのために涙袋の作り方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

眼輪筋の筋トレ

眼輪筋を鍛えるおすすめの方法は、目の周りに指をそえて負荷をかけるトレーニング法です。詳しいやり方をご説明します。

  1. 薬指の腹を使い、まぶたを軽い力で上に引き上げ、10回ほどまばたきをする
  2. 中指の腹を目頭の横に、人差し指の腹を目尻の横に添える(チョキをするようなイメージで)
  3. 添えた指の腹で眼輪筋に圧をかけるようにしてまばたきを10回行う
  4. 中指と人差し指をくっつけて、くっつけた2本の指の腹を目尻に添える
  5. 添えた指の腹で目尻に圧をかけるようにしながら、まばたきを10回行う

これが眼輪筋の筋トレの方法です。眼輪筋を鍛えることは涙袋を作るだけではなく、クマを作りにくくする効果もあります。

眼輪筋を鍛えることにより、目の周りの血行が良くなるからです。

血行が悪くなってしまうと、クマが目立ちやすくなり、疲れた印象になってしまいます。

それを防ぐためにも眼輪筋の筋トレはとても大切なので、ぜひ試してみて下さい。

 

まぶたの筋トレ

まぶたの筋トレも涙袋を作るために必要なトレーニングです。こちらもやり方をご紹介します。

  1. 上まぶたを中指と人差し指の腹を使って上に軽く引っ張り、そのまままぶたを閉じる
  2. その状態で5秒間キープする
  3. ゆっくりと目を開く
  4. これを3~5回程度繰り返し行う

これがまぶたの筋トレ方法です。簡単なので、すぐに覚えられそうですよね。

まぶたの筋肉が衰えてまぶたがたるむと、いつの間にか二重の幅が広がってしまうことや、元々二重だったまぶたが一重になってしまうことがあります。

それを防ぐためにも、目の周りの筋肉を鍛えて血行やリンパの流れを促すことによって、目の周りがむくみにくくなります。

一重になりがちな人も自然と二重まぶたになる可能性がありますので、よろしければ実践してみて下さい。

 

下まぶたのマッサージ

下まぶたのマッサージも涙袋を作るための大切な目の運動です。やり方は次の通りです。

  1. 適度な力を込めながら片方の目をつむる
  2. そのまま10秒キープする
  3. これを左右5回ずつ行う
  4. 人差し指の腹で両目を上に押し上げる
  5. このまま5秒キープする
  6. 力を込めすぎず優しい力加減で涙袋を円を描くようにして揉む

こちらが下まぶたのマッサージ法です。このマッサージを行う時ですが、丁寧に優しく行って下さい。

あまり力を入れ過ぎてマッサージすると、眼球に傷がついてしまうことがあります。力加減にはくれぐれも注意して下さいね。

 

メイク

1番手っ取り早く涙袋を作る方法は、やはりメイクです。 

ここでは涙袋を作るための基本的なメイク法をお伝えします。手順は以下の通りです。

  1. 笑った時に目の下にできる膨らみに、アイライナーとアイシャドウの締め色でラインを引く
  2. 書いたラインを指や綿棒を使って軽くぼかす
  3. ハイライトカラーのラメライナーやアイシャドウを目の下にある膨らみの中央にのせる

こちらが涙袋を作るための基本的なメイク法です。まずはこちらの基本をマスターしましょう。

ポイントは、目の下にある膨らみの縦幅と横幅を欲張り過ぎないことです。

影を書くときは目頭側の黒目横から目尻側の黒目下までにして短くすることによって違和感のない涙袋が完成します。

また、ラメライナーなどのハイライトカラーはのせすぎず軽くつける程度にすると自然な涙袋を作ることができますよ。

このように、眼輪筋や上まぶたを鍛えることや、メイクをすることによって涙袋を作ることができます!

今回ご紹介したやり方は、どれも簡単なものばかりで、やろうと思えば全て今日から実践できるものばかりです。

どうしても涙袋がほしい場合には、ぜひ今日からこちらのご紹介した方法をやってみて下さい。

継続すれば、きっと憧れの涙袋を手に入れることができますよ!

継続は力なり!頑張るぞ!

 

 

涙袋がない人におすすめするメイクを教えます!

ここでは、涙袋がない人におすすめするメイクのやり方をお伝えします。

おもに、こちらの4つの項目に分けてご説明していきます。

  • アイシャドーはブラウンカラーを使う
  • 下まぶたには血色感を意識した色をつける
  • アイラインはキャットラインにして目尻を跳ね上げる
  • マスカラは長さを強調して1本1本を際立たせる

こちらの4つのポイントに沿ってメイクをしていくと、クールな美人顔が完成します。

涙袋がないからこそ似合うメイクだと思いますので、あなたがもし涙袋がないことに悩んでいるのであれば、こちらのメイク法をぜひ参考にしてみて下さい。

 

アイシャドーはブラウンカラーを使う

アイシャドーは光沢感のないスモーキーカラーのものを使いましょう。

そうすることによって、クールな印象に仕上げることができます。

特にブラウンを使用すると、優しい目元を演出することができるので、クールだけどきつ過ぎない仕上がりになりますよ。

 

下まぶたには血色感を意識した色をつける

下まぶたには、じゅわっとした血色感を意識した色をつけましょう。

具体的には薄いピンクなどといった肌の色に近い色です。

そうすることにより、色っぽい目元にすることができますよ。

また、うっすらきらめく程度のラメが入っているアイシャドーを選ぶと、涙袋がない人はやりすぎ感なくキラキラとした目元を作ることができます。

 

アイラインはキャットラインにして目尻を跳ね上げる

涙袋がないのであれば、アイラインはキャットラインにして、目元を強調しましょう。

力強く目尻を跳ね上げて、跳ね上げた目尻の部分に少し太めのアイラインをひくことにより、クールで凛とした目元を作ることができます。

黒木メイサさんの目元をイメージしてみると良いかもしれませんね。

 

マスカラは長さを強調して1本1本際立たせる

マスカラはロングマスカラを使い、1本1本が際立つようなまつげを作りましょう。やり方は次の通りです。

  1. ビューラーを使い、まつげをしっかりとカールさせる
  2. マスカラ下地をつける
  3. マスカラ下地をつけたら、ダマにならないように丁寧にマスカラをのせていく

以上が、涙袋がない人におすすめするマスカラのやり方です。

こうすることにより、大きな目を作ることができますよ。

涙袋がないあなたも、このメイク法を試してみて、大人っぽいクールな自分を作ってみてくださいね。

よーし!メイクの研究を頑張って、あの女優さんみたいになるぞ!

 

 

涙袋がない芸能人はたくさんいる!北川景子さんなど!

涙袋がない芸能人の方はたくさんいます。それは、こちらの方々です。

  • 北川景子さん
  • 吉高由里子さん
  • 黒木メイサさん
  • 米倉涼子さん
  • 松雪泰子さん

いかがですか?どの芸能人の方々もキレイな人ばかりですよね。

涙袋がない人には美人顔が多いことが、このことからもよく分かります。

涙袋がないから芸能人みたいに美人になれない…。と思っていませんか?

涙袋がないのであれば、それに合ったメイクをすればこのような美人顔になれます!

あなたも、前のところでお伝えしたメイク法を参考にして、北川景子さんや吉高由里子さんをはじめとした、芸能人のような美貌を手に入れちゃいましょう!

あのキレイな女優さんにも涙袋がなかっただなんて驚き!

 

 

まとめ

  • 涙袋がないことのメリットは、「美人顔が多い」「クマが目立ちにくい」「海外の男性から好まれる」「目の下がたるみにくい」「目の下の小じわが出にくい」の5つ
  • 涙袋がないおもな原因は、「眼輪筋が小さいこと」「目の下の皮膚が厚いこと」「目が小さいこと」の3つ
  • 涙袋の作り方は、「眼輪筋全体の筋トレ」「まぶたの筋トレ」「下まぶたのマッサージ」などといった目の周りの筋トレやマッサージを行うことと、涙袋を作るメイクをすること
  • 涙袋がない美人な芸能人は、北川景子さんや吉高由里子さん、黒木メイサさんなど数多くいる
  • 涙袋がない人におすすめするメイクのポイントは、「アイシャドーにブラウンカラーを使うこと」「下まぶたには肌の色に近い色をつける」「アイラインはキャットラインする」「マスカラはロングマスカラを使い1本1本を際立たせる」の4つがある

今回は涙袋がないことのメリットや、涙袋の作り方などをご紹介しました。

涙袋がないことには、メリットがたくさんあることをお分かりいただけたでしょうか?

ぜひ、今回おすすめしたメイクのやり方などを試してみて、自分に自信をもって生活していって下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました