ホワイトデーに贈るネックレスには感謝の意味が込められていた!

これなに情報

これから彼女にバレンタインのお返しとしてネックレスを贈ろう!

ホワイトデーにネックレスを受け取ったことがあるけれど、何か深い意味があるのかな?

ホワイトデーに贈られるネックレスには大切な意味があることを知っていますか?

その意味とは「感謝」であったり、「ずっと一緒にいたい」であったり「あなたを独占したい」といった意味なのです。

どうしてそのような意味があるのかは、遥か昔のネックレスの歴史と、アクセサリーとして性質が根拠になっているのです。

贈り物のネックレスの意味を知らずに、誰彼構わずプレゼントしてしまうと、大変なことになってしまうかもしれません…。

そういったホワイトデーに贈られるネックレスの意味や、その由来、プレゼントする際の選び方などを詳しくご紹介していきますね♪

 

 

ホワイトデーに贈るネックレスには重要な意味がある

ホワイトデーに贈るネックレスには「あなたとずっと一緒にいたい」というメッセージが込められています。

他にも「感謝」という素敵な意味の言葉があったり、逆に「束縛したい」という相手によってはマイナスな意味があったりします。

ネックレスは他のアクセサリーに比べ歴史が長く、その起源ははるか昔狩猟した獲物の数を誇るための勲章であったと言われています。

それと同時に、命を奪ってしまった動物への感謝や作物の豊作を願うために身に付けられた物だと言われています。

ですから、ホワイトデーの贈り物としてのネックレスには「感謝」という意味があるのだと言われているのです。

それとは別の由来で、ネックレスには「相手を束縛したい、独占したい」という意味があります。

アクセサリーは肌身離さず身につけるものですから、こういった意味を暗示してしまうのです。

あなたがホワイトデーにどんな想いを込めて、あの方へネックレスを贈るのか、もう一度よく考えてみましょう。

 

 

ホワイトデーにネックレスを贈るのは重い?

まだ関係性が出来上がっていないときにホワイトデーに贈られるプレゼントとしては、かなり重いです。

贈り物としてのネックレスは「相手を独占したい」「束縛したい」という意味を暗示しているため、重いと感じる方もいるでしょう。

ネックレスに限らずアクセサリー全般は、肌身離さず身につけるものですから強い意味をもちます。

夫婦や恋人同士など、ある程度の深い関係であればとても喜んでもらえる贈り物になります。

ホワイトデーに、ある程度関係の深まった方に日頃の「感謝」の気持ちを伝えるためにネックレスを贈るのはとてもおすすめです。

<ネックレスに込められた素敵な意味>

  • あなたとずっと一緒にいたい
  • 感謝

「あなたとずっと一緒にいたい」と願いを込めて贈るネックレスは最高の贈り物になります。

旦那様や恋人から「感謝」や「ずっと一緒にいたい」という想いのこもったプレゼントをもらえるなんて、とても幸せな気持ちになりますよね。

ネックレスには次のような想いや意味も込められています。

<ネックレスが暗示する重い意味>

  • 相手を独占したい
  • 束縛したい
  • 離したくない

あなたも関係が浅い相手から「独占、束縛したい」なんて意味のこもった贈り物をされたら、重たいなと思ってしまうのではないでしょうか。

アクセサリーは高価なものが多いですし、相手の男性からの強い想いを感じることができますが、一方的だととてもうっとうしく感じてしまいます。

相手との距離感や関係性を考えてホワイトデーのプレゼント探しをしてみましょう。

ホワイトデーにネックレスを贈るときは、大切な彼女や奥様への日頃の感謝を伝えるプレゼントとして気持ちを込めて贈りましょう!

 

 

ホワイトデーに渡すネックレスの選び方6選!

ホワイトデーにネックレスを贈りたい方は相手の女性の好みを把握することが何よりも重要です。

自分の好みを知っていてくれて、自分のことを想ってプレゼントしてくれるのを喜ばない人はいません!

しかし、普段ネックレスを付けない方が相手の好みのネックレスを把握するのは、かなり難しいですよね。

そんなあなたに、相手に喜んでもらえるネックレス選び方のポイント6つについてご紹介してきます。

*ネックレスの選び方のポイント*
  • 相手が好みそうなブランドをチェックする
  • 相手の雰囲気にマッチするか
  • 相手の女性に金属アレルギーはないか
  • 相手の女性の年齢を考える
  • 一緒に買いに行ったほうがいい場合もある
  • ペアネックレスなど特別感を出す

これらのポイントを押さえておけば、相手にがっかりされることはありませんので、一つ一つ説明していきますね♪

 

相手が好みそうなブランドをチェックする!

ネックレスはブランドが気になる女性が多いので、選ぶ時はブランドから探してみるのがおすすめです。

ブランド品を男性から送ってもらえるのは女性にとって、自信やステータスに繋がります。

その上、相手の女性のお気に入りのブランドのネックレスなら、その女性が気に入るデザインも見つけやすくなります。

ですから、ネックレスを大切なパートナーに贈りたいと考えているのなら、その方との会話や普段のファッションから相手の好みのブランドを探ってみてください!

そうすれば、ホワイトデーに贈る素敵なプレゼントが見つかるはずです。

 

喜ばれるには相手の雰囲気にマッチするかが重要

相手の雰囲気にマッチするネックレスを選ぶことができれば、相手の女性から確実に喜ばれます。

かわいい系の女性なのか、キレイ系なのか、ストリート系なのか、セレブ系なのか…。

普段の会話やその方のファッションや雰囲気から受けた印象を参考に、贈り物のネックレス選びをしましょう!

雰囲気に自然に馴染むものをホワイトデーでプレゼントできたら、確実に相手から喜ばれます。

 

最近の流行りや人気のデザインをチェックする

相手の女性の好みがわからないという方は、流行りのデザインや人気のデザインを参考にすると外しません!

流行りや人気のデザインは万人受けするものが多いですし、その時代のトレンドはみんなに気に入られます。

無難に喜ばれる流行りのネックレスの選び方として、店員さんに「今人気のネックレスは?」と直接聞いてみるのがいいと思います。

この方法なら、ホワイトデーのプレゼントを簡単に決めやすくて相手の女性の好みを外しにくいです。

 

相手の女性に金属アレルギーはありませんか?

相手の女性の金属アレルギーを把握できていなかったら、せっかく素敵なネックレスをプレゼントしても身につけてもらえません…。

必ずアクセサリーを選ぶ際、相手の女性に確認しておきたいのが金属アレルギーの有無です。

金属アレルギーは、身に付けている物の金属の成分が汗などで溶けだし、体内に入り込んでしまい痒みや熱を持つようなアレルギー反応が起こるものです。

せっかくネックレスを贈るなら、たくさん身につけてもらいたいですよね?

ピンクゴールドやシルバーはアレルギーが起こりやすいため、金属アレルギーの方へのプレゼントはゴールドやステンレス製を選びましょう。

相手の女性が金属アレルギーの方でも安心して身につけられるアクセサリーは、たくさん売られているので、よくチェックしてみてください!

 

相手の女性の年代を考えてデザインを選びましょう

年代によってふさわしい雰囲気やデザイン、相手の好みの傾向が変わってくるので、年代からネックレスのデザインやブランドを絞っていくのもおすすめです。

大学生~20代前半ぐらいなら愛らしく繊細で小ぶりなもの、20代後半~30代はシンプルで上質感のあるものが好まれます。

40代以上の方ならフォーマルな場でも使える上品な雰囲気のものがいいなど、年代によって好みや喜ばれるデザインの傾向があります。

年代に合わないものをプレゼントしてしまうと、幼稚なデザインに感じられたり、シンプル過ぎて面白みがないと思われたりしてしまいます。

ネックレスをプレゼントする上で、年代を考えることは意外と重要です。

 

一緒にお店に買いに行ったほうがいい場合もある

一緒にお店に行って選ぶことができれば、楽しいデートもできますし、気に入ってもらえるネックレスを確実にプレゼントできます。

高価なものだし、相手に本当に喜んでもらえるネックレスを選ぶ自信の無い方は、相手の女性と一緒にお店へ行ったほうがいいです。

そうすれば、女性にネックレスの値段も知ってもらえるので、必要以上に気を使わせることがなかったり、プレゼントをより大切に扱ってくれたりするのではないでしょうか?

 

お揃いのペアネックレスなど特別感を出す!

記念に残るようなネックレスを贈りたい方は、お揃いのネックレスを贈るとあなたの気持ちが伝わり、お互いの愛情が一段と深まります!

お互いがお互いにとって、唯一無二のパートナーである証拠のようでもらった女性は嬉しいに違いありません。

身に付けていなくても、そのネックレスを持っているだけで二人が深い絆でつながっているような、そんな気持ちになりませんか?

ペアネックレスは二人の記念になるような、素敵な贈り物になること間違いなしです!

 

 

ホワイトデーに贈るネックレスの気になる値段は?

ホワイトデーに贈るネックレスの値段は大体6,000円から35,000円前後が相場です。

より特別感を感じてもらいたければ、値は張りますが15,000円以上のネックレスを選ぶと良いでしょう。

値段が15,000円以上のものであれば、品質もブランドも良質のものばかりです。

その上、プラチナやダイヤモンドなどワンランク上の素材が使われているものが多いですし、デザインも豊富でしょう。

ホワイトデーの贈り物として人気なものは15,000円までのカジュアルなネックレスなので、15,000円を基準に上か下か考えると選びやすいのでおすすめです。

ホワイトデーのお返しでネックレスを贈るなら、せっかくならお相手が喜んでくれるものをプレゼントしたいですよね。

お相手の服装や雰囲気にあったネックレスを贈ると「自分のこと分かってくれている!」と喜んでもらえますよ!

 

 

ホワイトデーで贈られるネックレス以外のアクセサリー

ネックレス以外にもホワイトデーによく贈られるアクセサリーとして、ブレスレットや指輪、ピンキーリング、ピヤス、イヤリング、腕時計などがあります。

これらのアクセサリーに込める意味、選ぶ際に注意すること、値段を一つ一つご紹介していきます。

 

手錠を連想させるような場合のあるブレスレット

ホワイトデーに贈るブレスレットには「手錠」を連想させる場合があるので、ネックレスより束縛の意味が強く、「束縛したい」や「君を離さない」という強い意味をもちます。

手錠なんて、ネックレスよりも強い束縛を暗示してしまう恐れがありそうですね…。

デザインは学生さんへ贈るなら、ロゴ入りのキュートでポップなものがおすすめです。

社会人の女性に贈るなら、様々な場面で身に着けやすい上品で落ち着いたデザインのものが喜ばれます。

あとは、大きすぎたり小さすぎたりすると、身につけてもらえなくなってしまうので、相手の女性の手首のサイズもチェックしておきましょう!

サイズがぴったりで、デザインも気に入ってもらえれば、一生大事に使ってもらえます。

ホワイトデーに贈るブレスレットの値段は、およそ5000円~30000円程度が相場です。

ネックレス同様、渡す相手には注意が必要そうなので、相手の好みとお互いの関係性を見極めてから贈るようにしましょう!

 

プロポーズのイメージの強い指輪のプレゼント

女性にプレゼントする指輪には、「結婚」や「永遠」、「円満」という意味があります。

指輪はプロポーズのときに渡すイメージが強いので、結婚を考えてない方へ送る場合は勘違いされないように注意が必要です!

ネックレス同様、義理チョコや友チョコのお返しに指輪のプレゼントは向きません。

まだ結婚を意識していないカップルは、カジュアルなペアリングを選ぶといいですね!

プレゼントの指輪を選ぶときですが、どのアクセサリーよりも注意してなくてはいけないのは、サイズでしょう。

会話の中でさり気なく聞いてみたり、彼女が普段している指輪のサイズを鉛筆で紙に書き写して調べたりして、プレゼントの指輪を選ぶ際に参考にしてみてください。

ホワイトデーに贈る指輪の値段は、大体5000円~50000円程度が相場です。

他のアクセサリーよりも価格に幅がありますね!プレゼントに込める想いによって、その幅が生まれるのでしょう。

男性からもらう指輪は、女性としては一生宝物にするくらい大切なものですので、よく考えて選びましょう!

 

小指に大きな願いを込めるピンキーリング!

ピンキーリングは小指につける指輪のことで、左右の指で込められている意味が違います。

左手の小指につけると「幸運を逃さない」という意味になり、新しい素敵な出会いを逃したくないときにつけられます。

右手の小指につけると「変わらぬ想い」という意味に変わります。パートナーへの強い愛が込められたお守りとして付けられます。

このような深い意味を知っていくと、ホワイトデーに大切なパートナーにプレゼントしたくなってしまうのではないでしょうか?

ピンキーリングも指輪同様、サイズに気をつけなくてはいけません!

平均のサイズは大体2号~5号ですが、個人差があるのと、少しでもゆるいと知らないうちに落としてしまうことがあります。

相手にサイズが聞けない場合は、フリーサイズやチェーンリング、フォークリングを選びましょう。

ピンキーリングは通常の指輪と比べて比較的リーズナブルで、贈りやすいプレゼントとして知られています。

おおよその値段は10000円~40000円程度が相場になります。カジュアルなものは3000円程度で購入できるものもあるので、探してみてくださいね!

 

ピアスやイヤリングやイヤーカフはお守りになる

ピアスやイヤリングは顔のすぐ近くの耳につけるアクセサリーなので、「いつも自分の存在を身近に感じて欲しい」「いつも一緒にいたい」という想いが込められています。

他にも、ピアスやイヤリングには、魔除けの意味があるため、ヨーロッパでは女の子が生まれたら、生後数日でピアスの穴をあける習慣あります。

ピアスやイヤリングは、健康に育って欲しいという「お守り」の意味もあります。

こういったアクセサリーに込められる深い意味を知っておくと、ホワイトデーのプレゼント選びが楽しくなってきませんか?

ピアスやイヤリングを選ぶ際に重要なのは、相手の女性にピアスホールが空いているかどうかです。

デザインに困ったらイヤーカフを選ぶのも素敵ですね!

イヤーカフとは耳に挟み込んだり引っ掛けたりして着けるジュエリーのことで、ピアスホール無しでも身に付けられるので、多くの女性から喜ばれます。

贈り物のピアスやイヤリングの値段は、大体5,000円~15,000円程が相場です。

贈られた方がより幸せを感じられるように、参考にしてみてくださいね!

 

実用的で誰からも喜ばれる腕時計のプレゼント

腕時計に込められる意味は「君とともに時間を過ごしたい」です。

腕時計はアクセサリーの中でも、実用的で誰に渡しても喜ばれるので、贈り物として選びやすいアイテムになります。

込められる意味を考えると、ちょっと重いプレゼントのような気もしますが、気軽に身につけられていくつあっても困らないアイテムなのでプレゼントとしてはかなりおすすめです。

選ぶ際に注意するも少なく、サイズも調節しやすいですし、非常に選びやすい贈り物ですよね!

腕時計をプレゼントする際の値段は7000円~30000円程が相場です。

大切な方に、奮発して高価な腕時計をプレゼントしてみるのもいいかもしれませんよ!

 

 

まとめ

  • ネックレスには「感謝」や「あなたとずっと一緒にいたい」という意味が込められている
  • 他に重たい意味として「束縛したい」や「離したくない」という意味もある
  • 関係性の浅い相手からホワイトデーにネックレスをもらうは重い
  • ホワイトデーに妻や彼女にネックレスを贈るのなら非常に喜ばれる
  • ホワイトデーに贈るネックレスを選ぶ際はブランド、女性の雰囲気、金属アレルギー、年齢を考えて選ぶ
  • ホワイトデーに贈るネックレスの値段は大体6,000円~35,000円前後が相場
  • ネックレス以外にもホワイトデーによく贈られるものとして、ブレスレットや指輪、ピンキーリング、ピヤス、イヤリング、腕時計などがある

ホワイトデーに贈るネックレスの素敵な意味、重い意味、贈る際に注意すること、価格帯やネックレス以外の贈り物などをご紹介してきました。

ホワイトデー頃の季節になると、マフラーがいらなくなってくるので、寒かった時期と比べるとアクセサリーを自由に楽しめるようになってきます。

そんな時期に素敵なネックレスをプレゼントできたら、非常に喜ばれます。

大切な方へ、日頃の感謝を伝えるためにネックレスに限らず、ワンランク上のアクセサリーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました