ゆで卵はレンジでアルミホイルなしでも作れる!注意点と活用法も解説!

これなに情報

ゆで卵をレンジでアルミホイルなしで作れるの?

もちろん!アルミホイルなしでも、電子レンジでゆで卵を作ることができます!

電子レンジでゆで卵を作ることができれば、調理の効率をぐんっとアップさせることができますよ。

やり方は殻を割って黄身と白身を分けて、白身だけをかき混ぜ、電子レンジでチンするだけです!

他にも、ゆで卵メーカーなど専用のグッズを使うやり方もあります。

しかし気をつけないと、電子レンジの中で卵が爆発してしまうことがあるので注意が必要です。

この記事では、アルミホイルなしでも、簡単に電子レンジでゆで卵を作る方法をご紹介します。

 

 

ゆで卵をレンジでアルミホイルなしで作る方法は2つ!

ゆで卵を電子レンジを使ってアルミホイルなしで作るには、下記の2つの方法があります!

  • 殻を割り黄身と白身を分けて、白身だけをかき混ぜ、電子レンジでチン
  • 専用のゆで卵グッズを使う

殻を割ったやり方だと、見栄えはあまり良くないですが、専用のグッズを用意しなくても電子レンジで簡単にゆで卵を作れます!

しかし、まんまるのきれいなゆで卵を作りたい方は、「ゆで卵メーカー」や「ゆで卵器」などの専用グッズが必要なのです。

どちらの作り方も加熱時間に気をつけないと爆発してしまいます。

電子レンジを使ってアルミホイルなしでゆで卵を作る、2つの方法を詳しく説明していきますね!

 

卵の殻を割って電子レンジで加熱する方法は?

卵の殻を割って電子レンジでチンする方法は下記の手順で行います。

  1. 卵を割って、黄身と白身を分ける
  2. 白身をサラサラの状態になるまで箸でかき混ぜる
  3. あらかじめ卵黄にも穴を3箇所くらい開けておく
  4. 耐熱容器に黄身をいれ、その上にかき混ぜた白身を加える
  5. 電子レンジ600wで50秒ほどチンする

このように、卵の殻を割って作る方法は、専用のグッズを用意しなくても短時間でゆで卵を作ることができるのです!

ポイントは白身をサラサラになるまでしっかりとかき混ぜること、黄身に3箇所ほど爪楊枝などで穴を開けておくことです。

そうすることによって、卵を加熱した際の爆発を防ぐことができます!

しかし、まんまるのきれいなゆで卵を作ることはできません…。

 

きれいなゆで卵を作るにはグッズを使うべし!

これらのゆで卵専用グッズを使用すると、レンジでアルミホイルなしできれいなゆで卵を作ることができます。

  • LAUNDLY「ゆでたまご器」
  • 曙産業「レンジでらくチン!ゆでたまご3個用(RE-278)」

これらのゆで卵専用グッズを選ぶ際に必ずチェックしておきたいのが、殻を割るか割らないかです。

まんまるできれいなゆで卵を作りたい時、卵を割らずに作れるのはいいですよね!

今回は殻を割らずに作る2つのグッズをご紹介します。

詳しくは各ゆで卵専用メーカーの取り扱い説明書をよく読んでくださいね!

<LAUNDLYゆでたまご器>

引用 Amazon公式サイト

シルエットが、ニワトリ型でとっても可愛いですよね!

このゆで卵器なら、ゆで卵の固さも固ゆでから半熟までお好みに合わせて自由に選べます。

しかし、爆発の危険は充分にあるので注意が必要です。

使い終わったら分解し丸洗いができるので、衛生的に使い続けることができます!

<曙産業レンジでらくチン!ゆでたまご3個用RE-278>

引用 Amazon公式サイト

こちらのゆで卵器も水を入れてレンジで加熱するだけで簡単にゆで卵を作れます!

加熱時間を調節することで、普通のゆで卵も半熟卵も作れます。

加熱時間に注意して行えば、爆発も防げますし、きれいなまん丸のゆで卵が作れますよ。

 

専用のゆで卵メーカーの使い方を簡単に解説!

殻を割らずに電子レンジでゆで卵を作る、この2つのゆで卵専用メーカーの使い方は下記の通りです。

<用意するもの>
  • 電子レンジ
  • ゆでたまご器
<作り方>
  1. ゆでたまご器の受け皿の線のところまで水を入れる
  2. 内側の蓋を受け皿に被せて、その上に卵を乗せる
  3. さらに上に蓋を被せて、蓋が外れないようにストッパーでロックする
  4. ゆでたまご器の説明書の加熱時間をチェックし、電子レンジで加熱する
  5. 冷めたら殻を剥いて完成

しかし、使用方法をきちんと守っていても、卵の大きさや微妙な熱加減によって、爆発してしまうことはよくあります。

また、ゆで卵の固さの加減もなかなか上手にはいかないようですよ。

ご自宅の電子レンジや卵の大きさによって、絶妙な加減が必要みたいですね…。

 

 

ゆで卵をレンジで加熱すると爆発する?注意点を解説!

ゆで卵をレンジで加熱すると爆発しそうで恐い!!

ゆで卵をレンジで作る、または加熱すると爆発する恐れがあります!

またゆで卵以外でも、たらこやウインナーなどは加熱することで発火や爆発が起こることがあります。

しかし、ちゃんとポイントを押さえれば爆発を防ぎながらゆで卵を作ることができますよ!

ではゆで卵をレンジで加熱するとどうして爆発するのかと、爆発しない方法を説明していきますね。

 

卵を加熱すると水蒸気の逃げ場がなくなり爆発する!

卵を加熱するとマイクロ波によって振動した水分子の逃げ場が無くなるので、爆発してしまうのです…。

電子レンジは水分子をマイクロ波によって振動させて、摩擦熱によって加熱をしています。

そして卵の場合は、まず水分量や密度の高い中心部分の黄身が最初に温められます。

また卵の白身はドロっとした状態ですので、電子レンジで温めた時は対流が起きません。

対流が起きないと、全体に熱が伝わらず一部分のみ加熱されて、水蒸気の逃げ場がなくなり爆発するといった仕組みです。

 

爆発させずに電子レンジでゆで卵を作るには?

爆発させずに電子レンジでゆで卵を作るには、殻を割り、黄身と白身を分離して、白身をかき混ぜることが必要です。

また、黄身に穴を開けておくのも忘れないでくださいね!

白身はそのままだと、ドロっとしているので、このままだと一部分だけが加熱されてしまいます。

すると結果として、殻を突き破って爆発してしまうのです…。

ですから、隔たりになる殻を割り、白身をサラサラになるまでかき混ぜます。

このように白身をサラサラにすることによって、対流が起きて爆発を防ぐことができるのです!

 

 

ゆで卵を電子レンジで温める活用レシピを紹介!

電子レンジで卵を温めると、なんと温泉卵も作ることができてしまうのです!

温泉卵が電子レンジで作れたら、食卓が一気に華やかになりますよ。

ここでは作ったゆで卵の活用法や、電子レンジでの温泉卵の作り方をご紹介しますね。

 

温泉卵も電子レンジで簡単に作ることができる!

温泉卵も電子レンジで作れるの?

はい!温泉卵は、アルミホイルもラップも使わず、数十秒電子レンジで温めるだけで、あっという間にできあがります。

しかし、ゆで卵同様爆発の危険があるので、充分に注意が必要です!

作った温泉卵は丼ものに乗せたり、おつまみとして食べたり、様々な活用法がありますので試して見てくださいね。

<材料>
  • 卵 1つ
  • 小皿
  • めんつゆ
<作り方>
  1. 深めの耐熱小皿に2cmほど水を入れる
  2. 水の中に卵を静かに割り入れる
  3. 電子レンジ600wで40秒加熱後、一旦止めた後さらに20秒温める
  4. 余分な水分を捨て、めんつゆなどのお好みの調味料を加えて完成

加熱時間は卵の表面の状態を見ながらお好みで調整してみてくださいね。

私は黄身が少し硬めで、白身はサラサラとした温泉卵が好みです!

電子レンジや、卵の大きさによっても加熱時間は変わってくるので、1回で好みの固さにするのは難しいかもしれません。

何度か試してみて、ご自宅の電子レンジに合った加熱時間を見つけるのがいいでしょう。

 

形の崩れたゆで卵はポテトサラダに加えよう!

ポテトサラダもゆで卵が入ると、とっても美味しくなるね!

形の崩れてしまったゆで卵でも、細かく刻んでポテトサラダに加えるととっても美味しくなりますよね!

ですから、ゆで卵入りのポテトサラダの作り方を参考までにご説明しますね。

<4人分の材料>

  • じゃがいも 3個
  • きゅうり 1/2本
  • 玉ねぎ 1/2玉
  • ハム 3枚
  • ゆで卵 1個
  • マヨネーズ 大さじ5
  • 酢 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩コショウ 少々

<作り方>

  1. ゆで卵は固めに茹でておき、茹で上がったら殻をむく
  2. じゃがいもはよく洗い、鍋で水から15分ほど中火で茹でる
  3. ハムは食べやすい大きさにし、ゆで卵はみじん切りにする
  4. きゅうりと玉ねぎを薄切りにし、塩を少々ふって5〜10分置き、水気が出たら絞る
  5. 茹で上がったじゃがいもは、火傷に気をつけて熱いうちに皮をむき、マッシャー等で潰す
  6. じゃがいもが熱いうちに、酢・砂糖・塩コショウを加えてよく混ぜる
  7. 全体が冷えてきたらマヨネーズ・具を加えて混ぜる
  8. 塩胡椒で味を整えて完成!

 

まとめ

  • ゆで卵を電子レンジを使ってアルミホイルなしで作るには、殻を割り、白身だけをかき混ぜ、電子レンジでチンする
  • 他の方法で見栄えの良いゆで卵を作るには、ゆで卵メーカーなど専用グッズを使う
  • 卵の殻を割って作る方法のポイントは白身をサラサラになるまでかき混ぜること
  • もう一つのポイントは、黄身に3箇所ほど爪楊枝などで穴を開けておくこと
  • ゆで卵専用グッズを使用すると、レンジでアルミホイルなしできれいなゆで卵を作ることができる
  • グッズはLAUNDLY「ゆでたまご器」と曙産業「レンジでらくチン!ゆでたまご3個用(RE-278)」がおすすめ
  • 卵を電子レンジで加熱するとマイクロ波によって振動した水分子の逃げ場が無くなるので、爆発してしまう
  • 電子レンジを使ったら、アルミホイルなしでも、ゆで卵だけでなく温泉卵も作ることができる
  • 形が崩れてしまったゆで卵は細かく刻んでポテトサラダにするのがおすすめ

ここまで、アルミホイルなしで電子レンジでゆで卵を作る方法、注意点や卵の活用法を説明してきました。

ゆで卵を作るのは、鍋で茹でて作るのが一番安全ですが、電子レンジで作るととても短時間で作れますよ。

その分、爆発の危険がありますが、コツを掴むととても手軽に作れます!

ですから、ご自宅で何度か試してみて、合ったやり方を見つけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました