生チョコとトリュフの違いを徹底調査!レシピやラッピング方法も紹介

これなに情報

チョコレート売り場には様々なチョコレートが並んでいます。その中でも生チョコやトリュフはとても人気があります。

生チョコとトリュフの違いは何かな?

生チョコとトリュフって何が違うの?と思った事はありませんか。私もチョコレートは大好きですが、食べていながらも違いについては気にしていませんでした。

チョコレートが好きな方にプレゼントしようと思った時に、違いについて調べました。

生チョコとトリュフは元々同じ材料から出来ていますが、その違いはなんとコーティングにあったのです!

原料は生クリーム(牛乳)とチョコレートが使われています。

どっちにしようか悩むあなたに、生チョコとトリュフの違い、レシピやラッピング方法なども一緒にご紹介していきたいと思います。

 

 

生チョコとトリュフの違い&ガナッシュについても解説

一番の違いは、「ガナッシュを冷やし固めた物は生チョコ」と呼ばれ、「ガナッシュを球体にしてコーティングしたものはトリュフ」と呼ばれているという事です。

生チョコとトリュフはどちらも、ガナッシュという材料で出来ています。

生チョコとトリュフにそんな違いがあったのね!初めて知ったわ

 

生チョコ

主に生クリーム(牛乳)とチョコレートで出来たものをガナッシュといい、冷やし固めたガナッシュにココアなどをまぶしたものが「生チョコ」になります。

柔らかい食感が人気で万人受けするスイーツです。そのまま食べられるように加工されています。ガナッシュについては後ほど詳しく解説します。

四角い形をしたものが多いです。生ものですので日持ちしません。冷蔵庫に入れて早めに食べ切って下さい。

生チョコはスイスで生まれたお菓子です。キューブ型にカットし、ココアをまぶしてあります。

生チョコの起源は、滑らかな舌触りのチョコ「パヴェ・ド・ジュネーブ」と名付けられた事が始まりです。

見た目から「パヴェ・グラッセ」冷たい石畳と呼ばれています。

日本では、公正取引委員会という所が作った生チョコの定義があります。

  • チョコレート生地が全重量の40%以上使用されているもの
  • クリームが全重量の10%以上であるもの
  • 水分(クリームに含有される水分も含まれる)が全重量の10%以上となるもの

これらは日本独自の規格になります。日本では、神奈川県にある洋菓子店「シルスマリア」というお店で発売されたものが発祥となります。

 

トリュフ

主に、ガナッシュチョコレートを丸めて周りをコーティングしたものをトリュフと言います。

チョコレートや、ココアパウダー、ナッツやココナッツパウダーなどでコーティングされている事が多いです。

華やかで高級感がある見た目と、固いチョコの中に柔らかいガナッシュが入っており、滑らかな口溶けが特徴です。

トリュフはフランスで生まれたお菓子です。名前の由来は、高級食材である世界三大珍味のトリュフからきています。形が似ていますね。

四角い物が生チョコ、丸い物がトリュフという見分け方もあるようです。丸い生チョコはあるそうですが、四角いトリュフはないようです。

そういえば、四角いトリュフを見たことがないね

 

ガナッシュ

生チョコやトリュフに欠かせないガナッシュについても解説したいと思います。ガナッシュとは生クリームとチョコレートで作るクリームの一種です。

バターや牛乳を使う事もあります。トリュフの中に入っているチョコレートクリームを想像して下さい。一番わかりやすいと思います。

フォンダンショコラや、マカロン、チョコレートタルトの中にクリームとして使われています。

一番の大きな違いは、ガナッシュは材料という事です。生チョコやトリュフはガナッシュを材料として作ったお菓子になります。

生チョコとトリュフはガナッシュから出来ているんだね

 

 

生チョコとトリュフのレシピを紹介!簡単に作れる!

生チョコとトリュフのレシピをご紹介します。違いを理解したら、次は作り方が気になってきませんか?シンプルで簡単なレシピを載せておきますね。

とっても簡単♪生チョコのレシピ 20個

材料

  • ミルクチョコレート 250g
  • 生クリーム     120cc
  • ココアパウダー    10g

準備

 パッドにクッキングシートを敷く

作り方の手順

  1. 耐熱ボウルにミルクチョコレートを細かく割って入れる
  2. 生クリームを鍋で温める
    →生クリームを温めすぎたり、水が入ってしまったりすると分離しやすくなるので注意
  3. 周りがプクプクしてきたら火を止める(沸騰する手前)
  4. 温めた生クリームをチョコレートのボウルにいれる
  5. 耐熱用のヘラでミルクチョコレートがクリーム状になるまで混ぜ合わせる
    →普通のヘラを使うと溶ける可能性があるので注意
  6. ラップを敷いたバットに流す
    →バットは【15cmX20cm】がオススメ
  7. 冷蔵庫で1時間冷やす
    →チルドルームで冷やしてしまうと、切った時に崩れてしまう可能性がある
  8. 20等分、もしくは好きな大きさに切る
    →まな板にラップをしいてココアを振っておくと、くっつきにくくなる
  9. ココアパウダーをまぶして、完成

生チョコを切る時のポイント

ナイフや包丁をお湯に浸けて温めておくと切りやすくなります。

「切る→温める→キッチンペーパーで拭く」を一連の作業として切る度に行うのがオススメです。

拭く作業が面倒であれば、ナイフや包丁をラップに巻くのも良いでしょう。

ラップは汚れたら交換して下さい。生チョコがついたままの状態で切るとキレイに切れないです。

ナイフや包丁の断面をキレイにしておくと美しくカットできますよ。

お好みでブランデーやリキュールを加えても美味しいです。

要冷蔵のスイーツなので、持ち運びには不向きです。保冷剤を添えれば短時間の持ち運びは可能となります。持ち運ぶ際は必ず保冷剤を添えて下さい。

持ち運び後は、すぐに冷蔵庫に入れて下さいね。お早めにお召し上がり下さい。

とっても簡単♪トリュフチョコのレシピ 12個分

材料

  • ミルクチョコレート 200g
  • 生クリーム     100CC
  • ココアパウダー  (仕上げ)

作り方の手順

  1. 耐熱ボウルにミルクチョコレートを細かく割って入れる
  2. 生クリームを鍋で温める
  3. 周りがプクプクしてきたら火を止める(沸騰する手前)
  4. 温めた生クリームをチョコレートのボウルにいれる
    →丸めている時にチョコレートが溶けやすいので注意
  5. 耐熱性のヘラでミルクチョコレートが溶けてクリーム状になるまで混ぜ合わせる
  6. ラップをして冷蔵庫で30分冷やす
  7. 6のチョコをスプーンですくい、一口大に丸めてバットに並べる
  8. ココアパウダーをまんべんなくまぶして、器に盛り付けてできあがり
ポイント

氷水で手を冷やしましょう。素早く丸める事がコツです。

耐熱性のゴムベラを使用しています。普通のヘラでは溶けてしまう事があるので、耐熱性のもを使いましょう。

生クリームが無い時は牛乳を代わりに使う事もできます。一番シンプルなレシピですので、やってみたくなる方もいらっしゃるかもしれませんね。

慣れてる方は他にも色々なアレンジしたレシピもありますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね♪

生チョコもトリュフも簡単に作れるのね♪やってみようかしら

 

生チョコとトリュフはどっちがオススメ

初心者の方には生チョコ、手作りチョコを作った事がある人はトリュフがオススメです。

手作りする時はどっちにしようか悩みますよね。良かったら参考にして下さいね。

生チョコ

  • チョコ作りが初心者の方
  • アレンジするのが得意ではない方
  • 失敗したくない方

生チョコは固めるだけなので、失敗する可能性が低いです。簡単なので初心者の方にとってもオススメです。

トリュフ

  • チョコ作りをした事がある方
  • アレンジが得意な方
  • ナッツやココナッツパウダー、チョコスプレーなどで見た目を華やかにしたい方

トリュフは色々とアレンジができます。見た目も可愛くできるので、こだわりたい方にオススメですよ。

 

生チョコとトリュフどっちが好き

多くの方は生チョコとトリュフの違いを知らないので、チョコレートが好きな方はどっちも好きだと思います

バレンタインの季節には、男性にチョコレートをプレゼントされる方もいると思います。

きっと男性はどっちをもらったとしても喜んでくれるはずです。手作りチョコであればなおさらですね♪

どっちが好きかは好みになります。しかし、チョコレートがとても好きな男性であれば違いを知っている事もあるかもしれません。

プレゼントするなら、シンプルがお好きな方には生チョコ、豪華なものがお好きな方にはトリュフがオススメです。

 

消費期限と保存方法

生チョコやトリュフは日持ちしません。市販のものでしたら大体1~2週間ほどです。手作りになると2~4日で食べきる事をオススメします。

フルーツや生ものを使用していれば、さらに短くなり1~2日と考えておきましょう。

生チョコやトリュフには生クリームや牛乳が使用されています。他のチョコに比べて全体の水分量が多いです。

しっかりと温度管理をしていても、劣化しやすいです。そのため、傷みやすく日持ちしません。重要なので何度も言いますが、早めに食べきりましょう。

〈冷蔵保存〉

冷蔵庫は一般的な保存方法となります。冷蔵庫に保存する時は、密閉容器にいれましょう。しっかりと空気を抜く事が重要です。

生チョコやトリュフにとって、一番のデメリットは温度変化です。とてもデリケートです。

家庭用冷蔵庫での保存は、ドアを開け閉めする事でも劣化の原因になる事があります。そんな時は、野菜室で保存するのがオススメです。

比較的、開け閉めする頻度が少ないです。冷蔵庫での保存期間は3~4日ほどです。

冷蔵庫で保存すると固くならないかしら?

冷蔵庫に入れて固くなり食感が変わってしまわないか心配ですよね。不安を感じる事もあると思います。しかし、中の柔らかい所は固くなりにくいので安心して下さい。

外側は少し固めですが中はトロ~リとしていて、とっても美味しく食べられますよ。

生チョコやトリュフは半生菓子扱いです。市販のチョコには裏面に保存方法が載っている事があります。

「10℃以下」の表示があれば、必ず冷蔵庫で保存しましょうね。

〈冷凍保存〉

たくさんチョコをもらってしまった時や、作り置きしたい時、プレゼントしたいけど前日には準備出来ないあなたにも冷凍保存はオススメです。

冷凍保存する時も、冷蔵保存と同じで密閉容器に入れましょう。空気はしっかりと抜いて下さいね。

保存期間は大体1ヶ月ほどです。冷凍庫はニオイが移りやすいです。新聞紙で密閉容器を包んでおくと防止できますよ。

解凍する時は、2,3日冷蔵庫に入れておきましょう。先ほどもお伝えしましたが、生チョコやトリュフは急激な温度変化にとても弱いです。

温度変化により、生チョコやトリュフの外側に水滴がつきます。風味が落ち美味しくなくなります

コーティングやパウダーもベチョっとするので見た目も悪くなりますよね。

冷蔵でも冷凍でも同じです。水滴を抑えるために、冷蔵庫から出した時は涼しい場所に置いて下さい。30分ほど玄関に置いておくのも良いかもしれませんね。

 

 

生チョコとトリュフのラッピング!100円で可愛く♪

100円ショップで売っている箱などを使って生チョコとトリュフを可愛くラッピングできます♪

最近は、100円ショップもたくさん増えて手軽に利用できます。種類も豊富で、お値段も100円なので嬉しいですよね。

自分だけのオリジナルラッピングが手軽に作れます。

そのため、手作り感を出したい方にはピッタリだと思います。本命はもちろん、友チョコや会社でたくさん配りたい時にもオススメです。

 

本命チョコのラッピング

カップとリボンでラッピング

材料(全て100円ショップで購入できます)

  • 焼き菓子用のカップ
  • ワックスペーパー
  • 透明の袋
  • リボンテープや麻紐
  • シールやマスキングテープ
  • メッセージカード
ラッピングの手順
  1. 焼き菓子用のカップを用意する
  2. 丁度良い大きさに切ったクッキングペーパーを敷く
  3. 生チョコやトリュフを詰める
  4. 詰めたカップを透明な袋に入れる
  5. 透明袋の両端をつかみジャバラにして、テープやホッチキスで留める
  6. リボンテープ(麻紐でも可愛い)で可愛く蝶々結びをする
  7. お好みでマスキングテープやシールを貼りデコレーションする
  8. メッセージカードを添える

別パターンもご紹介します。ジャバラにせず上を切って裏側に折り込んで、テープやホッチキスで借り留めします。

その上にシールやマスキングテープでデコレーションするのも可愛いですよ。

本命さんへのプレゼントですので、メッセージカードを添えて気持ちを伝えると良いと思います。きっと喜ばれますね♪

マフィンカップとリボンでラッピング

材料(全て100円ショップで購入できます)

  • マフィン用のカップ
  • クッションペーパー
  • 紙カップ
  • ラッピング用の透明フィルム(透明袋でもOK)
  • 針金が入っている留める紐(リボン、麻紐、毛糸、ゴムもOK)
  • シール
  • メッセージカード
ラッピングの手順
  1. マフィン用のカップを用意する
  2. 中にクッションペーパーを敷く(ワックスペーパーでも可能)
  3. 紙カップに生チョコやトリュフをのせて、マフィン用カップにのせる
  4. 生チョコとトリュフを入れたカップにラッピング用のフィルムを巻く
  5. 両端をジャバラにして針金入りの留める紐などで留める(見た目がキャンディの様)
  6. シールを貼りデコレーションし、メッセージカードを添える

手順2のクッションペーパーですが、ワックスペーパーを手でくしゃくしゃっともみます。それを切ればクッションペーパー代わりにもなります。

手順5の針金などを上の方に留めるとより可愛くなります。キャンディの様な形を目指しましょう。

別パターンもご紹介します。手順5の時に、箱の形にラッピングします。上からリボンを十時掛けにします。これだけでもとても可愛いですよね。

透明のビンやプラスチック容器に詰めてラッピングするのも可愛いですよ。ビンやプラスチックの容器に詰めてリボンをかけるだけなので、とても簡単です。

ビンやプラスチックの容器はたくさんの生チョコやトリュフが入ります。甘い物が大好きな彼氏さんに、たくさんチョコをプレゼントしたい時にオススメです。

生チョコの場合で形を崩したくない方は、専用のラッピングを使うのも良いでしょう。

バレンタインの時期は100円ショップでも、生チョコ専用の箱が売っているそうです!

イベント前に色々な100円ショップでラッピングをチェックしておくと欲しいものを買う事が出来そうですね。

 

友チョコや学校職場でお配り用のラッピング

友チョコや、学校や会社でたくさん配りたい時にオススメなラッピングもご紹介したいと思います。もちろん、本命さんにも使えますよ。

小分けにしたラッピング

材料

  • 小さめのラッピング袋
  • 針金が入った留める紐など(袋についている場合もある)
ラッピングの手順
  1. 小さめのラッピング袋を用意する
  2. 生チョコやトリュフを1~2個入れる
  3. 針金が入った紐などで留める

とても簡単ですね。ラッピング袋に針金やシールが付いているものを買えば簡単にデコレーションもできてしまいます。

紙コップでラッピング
材料
  • 紙コップ
  • 透明な袋
  • 針金が入った留める紐など
ラッピングの手順
  1. 紙コップを用意する
  2. 中に生チョコやトリュフを詰める
  3. 透明な袋に紙コップを入れる
  4. 針金が入った紐などで留める

紙コップに入れるのもオシャレですね。白いコップに自分で好きな絵や文字を描いてプレゼントするのも素敵だと思います。色々アレンジできるので楽しいですよね。

ワックスペーパーでキャンディ包み

材料

  • ワックスペーパー
ラッピングの手順
  1. ワックスペーパーを丁度良い大きさに切って用意する
  2. チョコを入れてキャンディの様に包む

こちらもとっても簡単ですね。あまり強く結んでしまうと、形が崩れてしまう事があります。優しく包んで下さいね。

箱やビンに入れて持って行って、好きなのを選んで取ってもらうのも楽しそうです。

生チョコやトリュフをラッピングする時のポイントは、そのまま入れない事です。

クッキングペーパーやワックスペーパー、紙カップを上手に利用しましょう。形崩れを防ぐ事が出来ます。

100円ショップも本当にたくさんの種類のラッピングがあります。

自分の好みのものや、オリジナリティあふれるラッピングをするのも素敵だと思います。楽しんでプレゼントできると良いですね♪

 

 

生チョコとトリュフの通販オススメショップ

通販も扱っているオススメのショップをご紹介したいと思います。

生チョコやトリュフを通販でお取り寄せできる素敵な時代になりましたね。ネットで注文すれば、美味しい生チョコやトリュフをお家で手軽に食べることが出来ます♪

〈シルスマリア〉
濃厚でありながら、口の中で滑らかに溶ける美味しい生チョコです。

販売当時から変わらず一つ一つ手作業でカットされ、丁寧に箱詰めされています。

生チョコと言えばシルスマリアを思い浮かべる方も多いと思います。日本で生チョコを有名にした発祥店です。

神奈川県にある洋菓子店です。オンラインショップもあるので、遠方の方も通販で取り寄せる事ができるのでありがたいですね。

〈ROYCE〉(ロイズ)
柔らかくて滑らかで口に入れるととろけるROYCEの生チョコはチョコ好きにはたまりませんね。

北海道産の生クリームがふんだんに使われています。

ROYCEの生チョコもとても有名です。北海道で本場ヨーロッパに負けないチョコレートを作るというコンセプトがあるそうです。

直営店は北海道のみになるそうですが、ネット通販でお取り寄せできるので嬉しいですよね。

〈EkChuah〉(エクチュア)
実は、大阪ではかなり有名なチョコレート専門店です。

空堀という歴史を感じさせる古民家的なオシャレな場所にあります。生チョコはもちろん、塩チョコや、トリュフもあります。

オーナーさんが「日本人が食べて美味しいチョコレートを作りたい」というコンセプトを元にお店を経営されています。手軽にネット通販でお取り寄せできます。

〈Lindt〉(リンツ)
Lindtといえば、リンドールが有名ですね。口の中で甘美に溶けるのが特徴です。

数十年かけて完成した独自のプロセスでとろける味わいが作られています。

最高級のカカオを使用しているのも嬉しいですね。種類も豊富で大手のスーパーやコストコなど、ショップでも最近は手軽に買えるようになりました。

通販でも人気は変わらずです。賞味期限も長く、常温保存できるのが嬉しいです。

個人的にはLindtのトリュフチョコが大好きです。ちょっと大きめのチョコを口に頬張ると癒やされます。

一時期ハマッてしまって、仕事で遠出する時にご褒美で購入して食べていました。

Lindtは日持ちしますし、冷蔵保存しなくて大丈夫です。手軽に食べられるのでオススメです。

 

 

まとめ

  • 生チョコとトリュフの違いは、「ガナッシュを冷やし固めたものは生チョコ」と呼ばれ、「球体にしてコーティングしたものはトリュフ」と呼ばれている事
  • 生チョコとトリュフの原材料となるガナッシュは、生クリームとチョコレートからできている
  • 生チョコとトリュフは簡単に作れるレシピがある
  • 手作りする場合は、初めて作る方は生チョコ、作り慣れている方はトリュフがオススメである
  • プレゼントにはシンプルが好きな方には生チョコ、豪華なものが好きな方にはトリュフがオススメである
  • 生チョコやトリュフは日持ちがしないため、冷蔵保存、冷凍保存し早めに食べきる
  • 生チョコとトリュフのラッピングには100円ショップもオススメである
  • 生チョコとトリュフは通販で手軽にお取り寄せできる

生チョコとトリュフの違いを徹底解説しました。生チョコとトリュフは同じ材料であるガナッシュで出来ています。

しかし、ガナッシュをコーティングしているかしていないかで、違うチョコレートになるという事がわかりました。

違いを把握して手作りすれば、またひと味違ったプレゼントになりそうですね。可愛くラッピングしてお相手様に喜んで頂きましょう♪ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました